元不動産社員が教える!東京の安い物件がある穴場は「副都心線」沿線

東京の穴場物件なら「副都心線」沿線を探せ!
スポンサーリンク

「夢を叶えるため、いよいよ上京となってきたけど住む家はどうしよう……」

夢を追って上京する人の最初の関門ですよね。

世界でも上位に入る東京の家賃の高さは、地方に住んでいる方から見れば狂気以外の何物でもないと思います。

だけど、その分チャンスも多い場所なので、上京を諦めるわけにもいきませんよね。

でも実は、東京も上手く探せばまだまだ「穴場」と呼ばれる地域や物件が多く存在するんです。

そこで今回は元不動産会社社員の僕が、夢を追って上京するあなたのために、東京で治安がよく、家賃抑えめの穴場スポットを紹介します。

この記事を参考にしてもらえれば、東京でのスタートアップに最適な物件が見つかり、あなたの夢に一歩近づくことができますよ!

スポンサーリンク

こんな人のための記事です

  • 夢を追いかけて上京したい
  • 上京にあたって住む家を探している
  • 極端な条件(駅徒歩20分・風呂なし・トイレ共同等)は嫌だ
  • 安いだけでなく、家賃と住みやすさのバランスが良い場所がいい

上京初の部屋にぴったりの地域は「副都心線」沿線!

副都心線ホーム

東京には地下鉄、JR、新幹線、モノレール等色々な路線がありますが、その中でもダントツで最寄り駅としておすすめな路線は「副都心線」です。

副都心線は埼玉県和光市から渋谷までをつなぐ地下鉄で、都内を走る路線の中でもかなり新しく、今後も沿線地域は発展が期待されています。

2013年には東急東横線との直通運転が開始され、横浜方面へのアクセスも良好になり、ますます便利な路線となっています。

スポンサーリンク

部屋探しに副都心線沿線がおすすめな理由

新宿三丁目

僕も上京して最初に住んだのが副都心線沿線であり、とても便利な路線だったため、自身の体験談を交えながら理由をお話ししたいと思います。

池袋・新宿・渋谷の副都心を1本で行ける抜群のアクセス

副都心線はその名の通り池袋・新宿・渋谷「副都心」を縦断する形で走っています。

つまり、この路線一本で乗り換えなくこれらの駅にアクセスできるため非常に優秀な路線ということです。(新宿は「新宿三丁目」という駅ですが、地下で新宿駅と繋がっています)

池袋・新宿・渋谷に行けば、買い物やイベントなど、大抵のことはカバーできてしまいます。

僕も友人との集まりやバンドのライブなど、ほとんどこの3都心の周辺で行われていたので行き帰りがとても楽でした。

副都心線の他にこの条件をクリアしているのは山手線ですが、案の定混みますし、沿線は家賃も高めです。

地上駅に比べて家賃が安く、治安も良い

まず東京ではJR沿線が基本的に家賃が高く、私鉄も東急東横線や東急田園都市線沿いの既に発展している場所は同じく家賃が高いです。

しかし、副都心線は都内でも新しい路線のため、池袋・新宿・渋谷などの主要駅を除くと発展途上の地域が多いです。

そのためギラギラした高層マンションもほとんどなく、のんびりした雰囲気のため家賃も安く住みやすいです。

家賃の安さでいえば東京の東側、千葉県寄りの北千住(足立区)葛西(江戸川区)がありますが、治安が悪く、駅を降りて1分ほど歩いていると、ちょっと危なそうな方々がポツポツ目に留まります。

逆に23区の中で西側である副都心沿線はそういった方々はほとんどおらず、比較的落ち着いた感じです。

元々「東側は治安が悪い」と聞いていて半信半疑だったんですが、友達が住んでいたので実際に行ってみたら本当に治安悪くてビックリ。

西側は池袋・新宿・渋谷などの人が多い場所は置いといて、それ以外は平和なもんです。

他の路線より比較的空いている

前提条件として、東京の電車は非常に混んでいます。

朝の通勤ラッシュ(7:00~10:00くらい)は、身動きが取れないくらいぎゅうぎゅうになるか、すぐに乗れず1~2本見送って乗らなければいけない路線すらあります。

その中でも副都心線はめちゃくちゃ空いている部類で、多少混むことはあれど乗れなかったことはありません。事故等で一時的に乗れないことも考えられますが、同じことが起きれば他の路線は更に大変なことになります。

また、始発の和光市寄りの駅であれば座ることもできるのでかなり恵まれた路線であることは間違いありません。

反対にJRの山手線や埼京線、地下鉄・私鉄でも東西線や田園都市線の通勤ラッシュは、10年東京に住んでいる僕から見ても地獄のような光景です。

副都心線が抱える弱点

副都心線が抱える弱点

ここでは副都心沿線に住んでいて感じた弱点やデメリットを説明します。

「東京感」が薄い

副都心線池袋・新宿・渋谷の3都心以外の駅は前述のとおり発展途上の地域が多く、初上京者が考える「東京」という景色とは少しかけ離れているといえます。

おそらく「東京」というと「オシャレな通りにオシャレなカフェや雑貨屋が建ち並び、きれいなエントランスのマンションが点在している」のような印象かと思いますが、そういった景色があるのは表参道や代官山などがある、渋谷区や港区周辺の一部地域。

それらと比べてしまうと、どうしても所帯じみた感は否めない街並みではあります。

ただ、周囲に田んぼと大きな幹線道路しかなかった地方出身者の僕としては十分都会ですし、電車で少し移動すればオシャレな地域に行けるので、住むのに不便というのは全くありません。

要は気持ちの問題ですね。

駅の入り口からホームまでが平均して深い

副都心線は新しい路線の地下鉄なので、既存の路線と競合することが無いようより深い位置に線路を敷いています。

そのため、駅の入り口から実際にホームに入って電車に乗るまでに、普通の地下鉄と比べ2分ほど余計にかかることがあります。

他にも新しい地下鉄と言えば「大江戸線」が有名ですが、深さでいうと大江戸線>副都心線>>その他の地下鉄という具合。

ただ、「平均して深い」ということなので、副都心線の全駅がその他の地下鉄より深いかというと、そうではありません。

一例として、千代田線国会議事堂前駅は副都心線のどの駅よりも深いですし、上位は大江戸線やその他の地下鉄の1駅だけがランクインしていたりします。

ただ、「通勤時間や移動時間を1分でも少なくしたい」という方は、駅内での移動の時間を考慮して物件選びをする必要があります。

東京の東側へのアクセスが弱い

副都心線は池袋~渋谷までの3大副都心へのアクセスは良好な一方、東京の東側……上野駅神田駅東京駅秋葉原駅へのアクセスはそれほど良くありません。

つまり南から北への移動は抜群なのですが、西から東への移動が弱いのです。

……といいつつも、3大副都心の駅である池袋・新宿・渋谷のいずれかで乗り換えれば基本的に1回の乗り換えでこれらの目的地にも到着できるので致命的な不便さかというと、そうでもありません。

スポンサーリンク

副都心線で住むのにおすすめの最寄り駅3選

副都心線車両

実際に副都心線の中でも特に住むのにおすすめな駅を3つ厳選して挙げました。

いずれも実際に住んでいたり、友人の家やら買い物で頻繁に行き来していたので自信を持って推しています。

地下鉄成増(ちかてつなります)駅

地下鉄成増は僕が実際に住んでいた家の最寄り駅です。

この地域は「振り向けば埼玉」と言われるほど埼玉県に近く、数分歩けば埼玉県和光市だったりします。

そのため家賃も安く、またファミリー向けの住宅も多いのでスーパーなどの買い物には全く困りません。

地下鉄成増駅は副都心線と有楽町線も通っていますので銀座方面に行く場合も便利。

また、始発駅の和光市の隣駅なので朝の通勤時でも座れる確率がかなり高いです。

駅から20分ほど歩けば、都内有数の広さを誇る光が丘公園もあり、自然と都市が融合した街。

若い方からお年寄りまで幅広く住まれている街です。

こんな人におすすめ

  • 職場が池袋・新宿・渋谷周辺
  • 通勤電車はなるべく座りたい
  • 都会だけでなく自然も残る土地に住みたい

要町(かなめちょう)駅

要朝は友人が住んでいた街で、頻繁に訪れていましたが、池袋が近いこともありとても便利な場所でした。

とりあえず池袋が隣駅&徒歩圏内なので、ブランド物などの凝った買い物とかでなければすぐに済ますことができます。

山手通り沿いなので交通量が多く、夜でも割と賑やかとあって、俳優志望・ミュージシャン志望の若い方は結構この辺に住んでいたりします。

ちなみに要町も有楽町線が通っていて便利です。

こんな人におすすめ

  • 池袋駅に近い場所がよい
  • 買い物が便利な地域がよい
  • 夜道は明るく、賑やかな所に住みたい

雑司ヶ谷(ぞうしがや)駅

都会の中の憩いの場、雑司ヶ谷。

池袋と新宿の間にあるわりに、やたら騒がしいというわけでもなく、高級住宅街の雰囲気漂う不思議な街。目白が近いせいでしょうね。

雑司ヶ谷は目白、池袋、頑張れば高田馬場も徒歩圏内にできるため、JRや東京メトロ、西武線など多くの路線を使えるのが本当に魅力的です。

雑司ヶ谷に住んでいる年齢層は主にお年寄りで、特に長くこの地にいらっしゃる方が多いようで治安の良さはこの位置から考えるとめちゃくちゃ良いです。

ちなみに都電荒川線も走っており、そちらの路線の駅は下町風情あふれる魅力があり、都内で様々な色を楽しめます。

こんな人におすすめ

  • 新宿・池袋両方の街に頻繁に通う
  • 都会の中でもひっそりとした場所に住みたい
  • 複数のJR・私鉄の駅も徒歩圏内にしたい

東京の物件探しは『部屋まる。』がお得!

部屋まる。

物件探しをしていると、東京の家賃の高さにうんざりしますよね。

特に東京での生活が始まったばかりのときは、家賃以外にかかるお金にもビックリします。

『部屋まる。』はそんな夢を追いかけて上京する人のスタートアップを応援するため、首都圏の6万円以内の物件を数多く扱っています。

物件探しだけでなく、その後の引越しに関するキャンペーンも充実しており、

  • 【上京者応援キャンペーン】遠方からのお客様は12000円分贈呈
  • 【引っ越しお急ぎキャンペーン】引っ越しを急がれていて3週間以内に物件をご契約された方は10000円キャッシュバック

といったお得な情報もありますのでぜひ活用してみてください。

公式サイト
【部屋まる。】

まとめ

上京者が何かと消耗しがちな東京での物件探し。

東京で交通・生活に便利な部屋を探すならば、ぜひ副都心線沿いを探してみてください。

きっと気に入る場所があるはずです。

また、東京での部屋探しと仕事探しを同時進行で考えている方は、以下の記事も参考にしてください。

関連記事:時は金なり!上京にかかる初期費用と最短で上京する方法 | にちプチ 【Nichi-Petit】

上京や部屋探しはあくまで「夢への第一歩」です。

最初の一歩はサクッと終えて、次のステップをしっかり踏み出しましょう!



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA