モテる男は『清潔感』が大事!印象が良くなるボディーケアはこれだ!!

スポンサーリンク

 男子諸君、正直に答えてくれよな……?

 

男に生まれたからには、モテたいよねーーーー!!

 

なんつーかさ、ハーレムで自分を奪い合い引っ張り合いまでとはいかなくとも、「せいじさんって、何かイイよね」くらい言われたいじゃない?

 

これで「別に思わないけど?」とかいう男は100%かっこつけてる。もういいからそういうの。その斜めな感じが許されるの中学生までだから

 

もっと自分らしく欲望に忠実になれよ!!

 

ほんでモテる為には、さりげない気遣いとか、話術とか、笑顔とか、色々要素があるわけだけど、どんな人でもまずふるいにかけられるのは見た目だと思う。僕は同性にときめくことなんてないけど、やっぱり清潔感のある男性なら「こいつになら最悪抱かれてもいいわ」って思うもん。(矛盾)

 

スポンサーリンク

モテる為に必要なのは、一にも二にも『清潔感』

 世の中には魅力的な男性が、それはもういっぱいいっぱいいます。

 

たとえば三船敏郎。世界のミフネとして有名で、『七人の侍』でワイルドな役柄を演じたかと思いきや『醉いどれ天使』 では不器用な伊達男を演じたりと、男ならば憧れる要素満載の一人。クリント・イーストウッドは渋さ漂う風貌ながらも奔放な生き方は生き方を見習いたいところであります。

 

しかーーし!!

 

あなたが「女の子にモテたい!」と心から思っているならば、こういう方々を真似するのはやめた方がいいです。彼らは強烈な個性と胆力・魅力を持っているからこそ成り立つ「漢」であり、それを一般人が真似しても「ただの小汚いズボラな人」で終わり。かなちい

 

しかし、そんな個性をも超える男性の「モテるための武器」があります。

 

それは清潔感

 

そう、一にも二にも清潔感。清潔感のある見た目をしていれば、少なくとも外見で女性から拒否されることはありません。「色の白いは七難隠す」という諺があるように、清潔感があるということは他人の心を惹きつける第一面接のフリーパスになるんです。

 

男性の美容への関心が高まった今でも「どうすれば清潔感って出せるんや……?」って悩んでる人は多いと思う。男性のボディーケアというのは、しなさ過ぎても汚いと思われるし、やりすぎても執着しすぎで気持ち悪いと思われる。とにかく「ちょうどよくやる」というのがポイントだ。そこで今回は男性が「ちょうど良い清潔感」を得るボディーケアとその注意点を紹介しようと思う。

 

※このケアはあくまで一般的な清潔感を保つ方法です。アトピーなどその他疾病で悩んでる方は病院で指示された方法でケアしてください。

 

顔面編

 イケメン、ブサメン、ハンサム、男前……

 

なんで顔だけでも美醜を表現する言葉がこんなにあるんでしょうか?

 

その理由はただ一つ!

 

「顔は第一印象で一番見られる場所」だから!

 

「玄関は家の顔」とか言われるけど、「顔は顔の顔」なんだよね。とにかく、この顔さえきれいに見せれば、まず第一印象の審査はクリアされるわけだ。

 

そして人間の顔の評価基準はパーツが整ってるだとか、配置だけじゃなくて、いかに顔の周辺に不純物が少ないかだ! ニキビや吹き出物が多い顔、油ギトギトやヒゲが均整なくモジャモジャの顔に、女性は「頬ずりしたい!」と思うだろうか?

 

んなはずねーーーーだろ!! ヒゲチクチクすんじゃオラァ!!

 

同性であろうが自分の身の回りにいて、(性的ではない意味で)触れ合う機会がある男子に対しても僕はそう思う。ならば清潔感にうるさい女性なら尚更の事! 「人間顔じゃない」ってのは分かってても、できるだけのケアはしてあげたいじゃん? そゆこと

 

洗顔でケア

 割と日課でこの辺に命かけてる女子は多いと思う。でも、これからは男子もちゃんとやらんとアカンで!! ってな具合なんですが、これ、世の中には洗顔の方法が溢れてる。

 

高級洗顔フォームだったり、石鹸だったり、何も使わなかったり。その中で「水洗顔」というのがあって、僕も挑戦してみたんだけど、如何せん結果に時間がかかりすぎるし、ずーっと続けてる人のブログなんかを見ても、途中に一度ブワーッと吹き出物が出たりで維持がとても大変。

 

じゃあどうすんのよ!!

 

って話になると思うんだけど、僕が出した結論は「ロゼットの洗顔パスタ」「泡だてネット」でした。特にロゼットの洗顔パスタは洗い上がりの残り香が硫黄交じりで温泉に入ったような気分で大好きです

 

以前は高い洗顔フォームも使ってみたり、水洗顔も中途半端にやって見たけど、費用対効果と言う意味ではこれらが最強でした。洗顔料を1cmほど手のひらにとり、泡だてネットでモコモコの泡をしっかり作ってあげて、顔を包み込む。基本的にゴシゴシこすったりはせずに、ハムスターとかの小動物をなでるような気持ちで洗ってあげる。10~30秒経ったらすぐにぬるま湯で洗い流してあげれば終わり。

 

結果「めっちゃ落ちた!!」とはならないけど、これが一番肌に優しく、余計な脂も取れてる最善の方法でした。というより、洗顔によって落とされるのは元々身体の組織であったものなので、めっちゃ落ちる=身体への負担も大きいということになる。だから落ち過ぎない程度でちょうどいいのだ

 

むしろ、日々時間をかけて汚れを少しずつ落としていくという考え方のほうが良い。この手法でケアを続けていれば、余程食事等で不摂生をしなければブッツブツのニキビができたりはしませんでした。やっぱ日々の洗顔の仕方って大事

 

◆まとめ

顔は普通の洗顔フォームで十分。擦りすぎない程度に10~30秒なでてあげれば終わり。

  

化粧水でケア

 ハイ出ました男が嫌がる「女々しい行為」代表の化粧水ケア!

 

あれやこれやを顔にぬりぬりヒタヒタしてるのを想像して「こんな女みたいなことできるかよキメェwww」とかいう男尊女卑マン!

 

 

ボコボコフェイスのお前と同じ道を辿るくらいなら、俺は女々しさを選ぶ!!

 

まあ僕も高校の頃までは化粧水なんかつけずにカッサカサでほっぺたから粉拭きながら学校に通ってましたが、今思い出すと過去に戻って自分の顔に化粧水100年分ブン投げてやりたいくらいです。とは言いつつも、女子のように化粧水のあとに美容液、仕上げに乳液とかナントカ保水液とかまではさすがに僕も無理です。

 

最近ではオールインワンのめんどくさがり屋専用ローションなんかも売られてて、便利な世の中ですが僕は化粧水だけでも十分です。乾燥の激しい日にはその後ニベアクリーム塗ったりするとお肌モチモチになっていい感じ

 

「 化粧水だけ塗ると、逆に水分が逃げていって肌の乾燥が促進される」っていう記事も見るけど、僕はそんなことないと思う。実際化粧水だけで大半の日を過ごしてるけど、使わなかった時みたいに粉拭いたりカッサカサにはなってません。

 

ちなみに今は「ハト麦化粧水」というやっすいやっすい化粧水をジャブジャブ使ってます。ニベアクリームとの相性もよく、適度な潤いが保てます

 

 

◆まとめ

化粧水は安物を贅沢につけろ! 冬の乾燥はクリームで補強!

 

スポンサーリンク

頭部編

 顔を除く部分のお話。所謂「ヘアー」な部分です。全体の清潔感の40~50%近くはこの頭部に委ねられていると言っても過言ではないくらい情報が詰まってます。

 

髪の毛が(意図的じゃなく)くしゃっとした人って、清潔そうにみえないじゃん? もっと突っ込んで言うと、若干臭ってきそうじゃん? そういう印象を持たれないためにはどうするかっていうところから始めます

 

シャンプーケア

 僕もそうだったんだけど、男のシャンプーって本当に雑じゃない? 髪の毛ワシャーってやって流してハイ終わり! みたいな感じで

 

でも美容室に行くと今までの俺らのシャンプーはシャンプーじゃなかったことに気付かされる。美容師さん達は「髪の毛」を洗うんじゃなくて「地肌」を洗ってるんだよな。各指の第二関節より上の腹の部分で頭をガシッと掴んで、色んなところをモミモミする感じ

 

よく考えたら、髪ってよっぽどじゃなきゃべっとり汚れる要素がない。例えば、ペンキだとか、塗料を扱う職場ならまだしも、普通のホワイトカラーのサラリーマンなんて汗と空気中のホコリくらいしかついてない。つまり髪自体はガシガシやんなくてもシャンプーの洗浄力だけで汚れは落ちちゃうってこと

 

問題は地肌で、皮脂や角質がたんまりくっついてるので、きちんと洗ってあげないとベトベトになっちゃいます。ここをしっかりやるだけで自身で感じる爽快感も違うのでしっかり洗おう。専用のブラシを使うのもアリ

 

◆まとめ

シャンプーは指の腹を使って地肌をモミモミ洗え!

  

リンス・コンディショナーケア

 このくらいは聞いたことがあるよね! リンスとコンディショナーの違いがよくわかってない人が多いと思うが、別に気にするほどでもない。コンディショナーの方が保護する力が強いくらいの理解でOK。

 

ここで注意したいのは、こいつらは髪の表面を保護するものなので、髪に伸ばしたら割とすぐに流そう。「時間をかけて髪にじっくり浸透……」なんて考えてる人は直ちにヤメタマエ! 役割違うから

 

一時期僕もコンディショナーを髪全体に伸ばした後「なじませてる間に歯磨きしたろ!」っつってしばらく放置してたけど、全然効果なかったから。むしろ害の方が多かった。ブツブツできるし

 

髪の毛は皮膚と違って何でも浸透しやすい作りになってない。ゆーて死細胞やし……地肌の毛穴に入っちゃったら頭ベタベタしちゃうし、顔に着いたままだとかぶれたり吹き出物の原因にもなるので、すぐ洗い流そう。全体につけたら20秒ほどで洗い流す感じで十分です。

 

◆まとめ

リンス・コンディショナーは伸ばしたら頭皮に残らないようにすぐ洗い流す!

  

ドライヤーを使ったケア

 お風呂上りに大事なのは、きちんと乾かすこと! 自然乾燥などもってのほか! あれは時間がかかりすぎる上に頭髪にカビができる原因になります。

 

洗濯物なんかでも、時間をかけて乾かした物はファンキーな臭いがするでしょ? アレは洗濯物に付着した雑菌が増えてあんな臭いになるんだけど、髪もそんな風に菌が繁殖しやすい環境になるから、早めに乾かしとこう

 

おまけに自然乾燥って、蒸れからくる抜け毛の原因にもなるぞ! こりゃ大変だ!

 

ちなみに早く乾かすコツとして、温風と冷風を交互に当てると良いです。というのは、温風ばかり当ててると熱くて頭皮のダメージが大きくなるのと、暑さで汗かいちゃって頭がモワッとして乾かし終えた後にまた湿ってくるから。

 

おすすめは温風30秒、冷風30秒と交互にやっていき、〆は冷風で。温風の後の冷風ってめっちゃ気持ちイイで!!

 

ちなみに風が強いドライヤーの方が乾きも早いし、楽。テスコムのヘアドライヤーは風量も申し分なく、且つ安価なので最高です。

 

◆まとめ

髪はすぐ乾かす! 温風と冷風を交互に使い、ダメージを受けないように。

  

 

上半身編

 とりあえず首より上は何とかケアしきれたように見えても、それより下が汚けりゃ竜頭蛇尾。じゃけん上半身にも大事なケアポイントはあるってことで途中で飽きずについてきましょうね~

 

腋のにおいケア

 男の大半は悩んでるんじゃないかってくらいのこの項目、腋のスメル。

 

「男臭い」ってマイナスなだけの言葉じゃないけど、やっぱりイイにおいがする自分の方が好きになれるよね。僕も結構いろいろなケア用品を使ってきたけど、以下の二つはかなり効果がありました

 

 特にこのデオボールの効きはヤバいです。大体のワキケアグッズってスプレー式が手軽でメジャーなんだけど、こちらは固形の塗り薬みたいなタイプ。

 

このタマゴを腋にこすりつける!! ……と、あら不思議、いつも起きて数時間するとほんのり香るメンズのワッキーな香りがマイルドに。直接塗ってるので制汗効果もかなり高いです

 

ってわけで僕も嫁もコレで今夏を乗り越えました。 

 

 そしてもう一つは王道のコレ

 

これはよくCMで白髪のばーちゃんが誰彼のワキをクンクンして○×判定してるよね! 何様かっつーの!

 

それはさておき、とにかくスプレー式は手軽。前述のデオボールは、塗り直しがちょっと面倒だけどこちらはスプレー式なので手ェ挙げてシュッとするだけ。サイズも自宅に据え置き用の大きいものから、カバンに入れて持ち運びできるような小さな物もあるので、トイレに行ったついでに個室でシュッとするのも良し。

 

無香料があるのもイイ。香水なんか使う時、他のデオドラントが邪魔するの嫌じゃん? そんな人に最適です

 

◆まとめ

男臭さは抑えるくらいでちょうどいい。夏は特に気をつけろ!

 

 

 上半身清潔感の筆頭、爪です。どれくらい大事かっていうと、女子は顔と同じくらい男子の手を見てるらしい。

 

スラッと伸びた長い指とか、もうたまんないらしいね! 俺指短いぞドチクショウ!

 

でも大丈夫、身だしなみっていう範疇なら、爪切っとけば大丈夫だから! ……って思うやろ? それだけじゃないねんで?

 

まず爪切らない、だらしなく伸びてる男は問題外。しかもその爪の隙間に汚れとか溜まってたら、握手すらしてもらえないぞ! だからと言って爪は噛むなよ!? 爪噛んでるやつは大体指が荒れてる。もしくは深爪になって血がにじんでる。短けりゃいいってもんじゃないのよ?

 

んで本題。

 

爪切ったら、磨け!!

 

まず手順としては

 

  1. 爪切る
  2. 爪の切断面を爪やすりでなめらかにする
  3. 爪の表面をバッファーで磨く ←これ大事

 

 最初の1や2は誰でもやってると思う。

 

 爪ってな、バッファーで磨くと、驚くほどきれいになるんだよ? もちろん生活の中で4~5日すればくすんでくるけど、磨いた直後はほんと、透明なマニュキュアでも塗ってんのかってくらいキラキラテカテカ。

 

まあ野郎ならそこまで磨きこむ必要もないので、多少「なめらかになったな?」くらいで止めておけばOK。ちなみに僕は磨くのが楽しくてピッカピカになってた時期があります。やりすぎ

 

でも男って金属とかなんとか磨くの好きだよね。僕バイクのマフラーとかエキゾーストマニホールドとか延々磨いてたもん。多分そういう人は爪もやり始めたらハマると思うのでお試しあれ。

 

◆まとめ

女子に自慢の手を褒められたいなら爪のケアはしっかりやれ!

  

上半身のケアはこんな感じ。どう? 簡単でしょ?

最低限これを気をつけてればきれいな見た目になる。下半身はどうなのよ? っていうのは足の指の間ちゃんと洗えよってことくらいしかないので割愛します。

とにかくここまで言ったことをちゃんとやってれば少なくとも不潔な印象は持たれない。

 

後は服装のセンスだったり身につける小物も大きな要素になるけど、それはまた別に取り上げます。自身の体のケアはこんなもんでした。

  

スポンサーリンク

番外編:香水

 香水って、賭けだよね。

 

相手の好き嫌いもあるし、体臭消すためにふってたらめっちゃくちゃにおいが強くなったり。そもそも男子には生まれてこの方香水をつけたことがない人もけっこういる

 

そういう人に勧める香水は、やっぱり「定番」がイイと思ってます。ってことで僕もずーーーっと使ってるコレ。

 

もう香水関連の話題になると必ずこのリンク貼ってんじゃないかってくらいの愛用度。

 

↓このページでも取り上げてます 

【2018年版】Amazonで買ってよかったおすすめグッズまとめ! – にちプチ 【Nichi-Petit】

 

コレ以前にはブルガリのブルー使ってたけど、ちょっとにおいが強すぎて調節しづらいのでこちらに移行。これはもともとがさっぱりしたにおいなので多少つけすぎてもそこまで「うっ!!」みたいにはならない。「香水」というものにちょっと抵抗がある人には特にオススメ。

 

この香水をつけてると「せいじ君の近くって、ほんのりいい香りがする~♪」って言ってくれる女子がいて、思わず僕が惚れそうになりました。

 

◆まとめ

香水はなるべくさりげない香りを選べ!

  

「女性に媚びる=身だしなみ」じゃない!

 この記事の習慣が板についてきた頃にはもう「○○君って、清潔感あるよね」とか社内で噂されてるんこと間違いなし。

 

ただ、この記事の内容はあくまで「異性に魅力的に映る自分」を底上げするためのものなので、女性の意見=理想の男ではないことを分かってほしい。女性主体ではなく、あくまで自分主体! 自分に自信を持つためという目的が第一で、モテるのは副産物だと思ってほしい。実際それくらいの心持ちの方がモテるんだなこれが

 

 内容的にはかなりの量に見えますが、日課としてほぼ毎日やっているのは

 

  • シャンプー
  • リンス or コンディショナー
  • 洗顔
  • 化粧水(クリーム)
  • ドライヤー

 

これくらいなのでそれほど苦ではありません。

 

女子にモテたい諸君は、「女子に媚びる」ではなく、まずは「自分の体を大切にする」ことから始めれば、自ずと「清潔感」とは何かが見えてくるはず。「男らしさ」を勘違いしてズボラになり下がった人間の意見など気にせず、あなたなりのケアをしっかりやって、自分を一層輝かせてください。

 

そんな話です。

 

 

エンド

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA