【PR】Dreameggの空気清浄機『TR-8080B』を1ヶ月使用してみたのでレビュー

Dreameggの空気清浄機『TR-8080B』を1ヶ月使用してみたのでレビュー

どうも、空気清浄機に囲まれた生活してます。せいじ(@seiji_1986)です

今回はDreamegg社さんの空気清浄機『TR-8080B』をレビューしてくれとのご依頼がありましたので、爽やかな空気の中使用感をお届けしたいと思います! ぬはは!

ちなみに本機の旧モデルである『CF-8011N』もレビューしてますので、そちらも是非ご参考に!

関連記事:【PR】Dreameggの空気清浄機『CF-8011N』を1ヶ月使用してみたのでレビュー – にちプチ 【Nichi-Petit】

というわけでササッとTR-8080Bレビュー開始です!

製品概要

早速TR-8080Bのお目見え!

いやー、やっぱ筒ですね。

毎回最初は同じコメントですが、見た目的には以前のタイプのCF-8011Nとは違い、カドが更に丸みを帯びていて妙な艶めかしさを感じます。

付属物については、CF-8011Nと同じく、

  • 本体
  • 集塵フィルター(内部)

だけです。もうこの辺は固定なんやろね

1ヶ月使ってみた感想

旧型のCF-8010・CF-8011Nのレビューでも明言してたのですが、空気清浄機の実際の効果については粉塵や微粒子の浮遊度を測るような高等な機器を持ち合わせていないため、数値的な裏付けのない感想になります。

消臭効果とか稼働音とかには僕の鼻や耳が真摯に答えますので、ぜひ参考にしてください。

相変わらず頼もしい消臭機能

やっぱ消臭機能に関しては旧型から言ってますが良いですね!

僕の仕事場は自宅なんですが、空気がこもりやすくてにおいも留まりがち。

だんだん「におう」とかで片づけられないファンキーな香りを纏いがちになった仕事場でしたが、TR-8080Bを稼働させ始めてから明らかににおいのレベルが下がりました。

体感で言うと、消臭力を2~3日置いとくよりもTR-8080Bを1日置いといたほうが明らかににおいのレベルが下がります。

芳香剤みたいに香りで誤魔化す感じじゃないのもGOOD.

花粉に対する浄化機能もスゴイらしいのですが、わが家には花粉症の人間が一人もいないので検証できないのが残念なところ……

対応畳数がヤバイ

小型ながらパワフルなこのCFシリーズですが、これまでは対応畳数が12畳でした。

いや、それでも十分なんやけどな?

なんとTR-8080Bはそれを上回る18畳対応!

一部屋でそんな広さウチにはないわ……

以前のモデルからプラス6畳分とは、もう完全にファミリー層狙ってますね。

ペットとかいるおうちもある程度広い部屋で飼ってるでしょうし、この辺のニーズをこのサイズの本体でカバーしちゃうってスゴイですね。うちは持て余すわ

静音性がさらにアップ

CF-8010・CF-8011Nで25dBと高い静音性をキープしておきながら、何と今回は23dBと更に静音性アップ!

25dB→23dBなので数値上は微妙な違いに見えますが、近くで音を聞くと音量の差はハッキリわかります。

20dBで「雪の降る音」とか「人の静かな寝息」とかに該当するくらいですから、それに近いとは相当小さな音ということ。

確かに、1m横でつけてても全然気にならんわ……

一番強い風量にすればそれなりに音は大きくなりますが、よほど早くにおいを消したいとかじゃなければ一番弱い風量の長時間運転でOKだと思います。

UV-C殺菌復活!!

僕の願いが通じたんでしょうか。

CF-8010には搭載されたもののCF-8011Nからは消されてしまった機能であるUV-C殺菌。

TR-8080Bから見事に復活しました!

今回は旧モデルと違ってUV-C除菌中でも光らなくなってますが、しっかり機能はしている様子。

このコロナ禍において注目されているUV-Cによる殺菌やウィルス不活性化技術はもはやマストな機能になりつつあります。

TR-8080Bはフィルター自体に除菌・ウィルス不活性化技術を用いつつ、UV-C殺菌という二重対策を施しており、旧モデルよりもさらに菌・ウィルス対策を徹底しています。

正直、ホントに除菌できてるかとか、ウィルスの状態どうなってんのかとかは電子顕微鏡でも使わんと分からんと思いますが、ここまでやってくれると安心感が違いますね。

デザインは前のモデルの方が好き!

正直に言います。

今回からデザインが大幅に変わり、操作パネルにDreamegg社のロゴを使用するなどオリジナル感丸出しで挑んできたTR-8080Bですが……

デザインは前のほうが好きやったわ!!

なんちゅーか、企業イメージとかの定着のために色々試行錯誤してるかもしれんのだけど

かもしれんけど……!!

前のシンプルなパネルの方がインテリア的には自然でした。わはは

やっぱ明確にダメなところがない

毎回言うけど、ほんま明確にアカンところがないんですよね。デザイン的な好き嫌いは人それぞれだし……

まあ、製品自体と関係ないところで唯一言うと、Amazonの商品名が長すぎることくらいですかね。

あれ中国製品のイヤホンとかでも

“【令和最新版】なんたらかんたら搭載なんたらかんたら改善版高音質うんたらかんたら”

みたいな感じでめっちゃ長いタイトルにしてくるけど、なんか品質に自信なさげに見えるというか、検索ワードで引っ掛けるために必死な感じに見えてしまいます。

何回かシリーズ使ってみて「安価で押さえるべきトコは押さえてる良品やな」と思ってるので、その辺は他の中国製品との差別化ということで、国内製品みたいに

“Dreamegg 空気清浄機 TR-8080B ホワイト”

という感じのほうが堂々としている感じがしていいと思います!

TR-8080Bはこんな人におすすめ

以上の結果から、TR-8080Bは

  • 広い部屋で空気清浄機使いたい人
  • 「UV-C殺菌は必須やろ!」って人
  • 寝室に空気清浄機入れたい人(CF-8011Nよりさらにおすすめ!)

こんな方々にピッタリの空気清浄機ですね!

新しいモデルが出るたびに性能アップかましてくるDreameggの空気清浄機、ぜひ一家に一台導入してみてください!

現場からは以上です。

エンド

この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA