【PR】Dreameggの首掛け扇風機『HD-E12』を1ヶ月使ってみたのでレビュー!

Dreameggの首掛け扇風機『HD-E12』レビュー

夏という季節が嫌いです!! せいじ(@seiji_1986)です

今回はDreamegg社さんから首掛け扇風機のレビュー依頼をいただきましたので、夏の暑さと闘いながら紹介させていただきます。

暑さと湿気で毎日ダルンダルンですが、レビューのためにお外に出かけてきます!

それでは、レビュースタート!

製品概要

さあ、僕自身初めて使う首掛け扇風機ですよ!

なんか、思ってた形とずいぶん違いますね。

首に掛ける部分がめっちゃ自由に曲がるー!

ちょっと楽しくなってグニャングニャンにして撮ってみました。ぎゃはは!

付属物は

  • 首掛け扇風機本体
  • 充電ケーブル
  • 収納ポーチ

収納ポーチは革っぽくてなかなか高級感がありますね。

折り畳みが可能なので、収納ポーチに入れるとかなりコンパクトになります。

1ヶ月使ってみた感想

首元を重点的に冷やすので、冷却効果は思った以上にありました。……が、気温30℃くらいまでが常用範囲といったところでしょうか。

35℃くらいまで上がる猛暑日に関しては、そのまま使っていても気休め程度って感じですね。霧吹きを一緒に使うと猛暑日でも結構頑張れる感じ。

めっちゃ安全

皆さんが知ってる首掛け扇風機って、扇風機のプロペラが小さくなった感じのものじゃないでしょうか?

こんな感じのやつ↓

これだと髪が長い人は巻き込まれることがあるようで、メーカーは苦心して巻き込み防止ネットを作ってみたり、風の出入口を小さくし事故防止に努めています。

一方でHD-E12は構造が扇風機とは異なり、クーラーのファンに近い構造なので髪の毛を巻き込みにくい設計になっています。

これはロングヘアの人にとってかなりの朗報ですね!

また、小さなお子さんの指が入らない構造にもなっているので、家族誰でも使いまわせるのはありがたいです。

めっちゃコンパクト

首掛け扇風機ってそれほど大きくはないんですが、HD-E12はさらに小さくて、その半分くらいの大きさ。

首に掛ける部分を折り曲げると、ファンになっている部分2つ分の大きさだけになってしまいます。

このおかげで家から持ち出すのが億劫にならないので、家で

「持ってくのめんどいなぁ……」

ってなって、出先で

「持ってくりゃよかったーー!!」

となることがありません。「とりあえず持ってきゃええねん」で万事解決です。

めっちゃ軽い

他メーカーのプロペラ型の扇風機が重量300g~400g台なのに対し、HD-E12は160gと最近のスマホよりも軽いです。

首の負担も軽く、つけて歩いていても疲れたりしないのはGOOD!

家の中でもちょくちょく使ってます。

単体で猛暑日は太刀打ちできない

これね、大小かかわらず全扇風機の宿命ですね。

めっちゃ暑い日は、出る風もめっちゃ熱いんですよ。

そこで登場するのが霧吹き!

水を首にシュシュッとかけて首掛け扇風機を使えば気化する際に熱を奪うので、首がひんやりします。

暑い夏でもプールから上がったら肌寒いのも同じ原理ですね。

これはHD-E12だけの専売特許ではありませんが、一度お試しあれ!

『HD-E12』はこんな人におすすめ

これまでの使用感を踏まえたうえで特におすすめなのは……

  • 髪の毛が長い
  • 小さい子に使わせたい
  • かさばらない冷却ツールが欲しい

こんな方々にはピッタリですね。

コロナ禍で猛暑+マスクという二重苦が続く毎日ですが、HD-E12は外出の心強い味方になってくれるはず。

今なら割引コード「FAN0816999」と入力すれば、表示価格から300円値引きされるので、ぜひ活用してください!(2021/08/31 23:59まで)

割引コードは、レジに進んで注文内容を確認する画面で適用できます。

現場からは以上です。

エンド

この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA