ものまねのコツを掴んだ僕が上達方法を教える



スポンサーリンク

 ものまねが上手くなりたいと思っているあなた。「純粋に目指している芸能人・声優がいる」「忘年会の余興で何か出し物をしなきゃいけない」理由は様々だと思います。
では聞きます。
僕はものまねが好きだ!

ものまねをやっていると楽しい!

ものまねする対象物が好きだ!

ものまねに対して、そんな気持ちを抱いていますか?

それだけの情熱があれば、ものまねは上手くなります。だって好きじゃなかったら続けられないっしょ。モチベーション保てないっしょ!!

まずはものまねが好きであること。まずはものまねが好きであること

大事なことなので2回言いましたが、最初の関門を通ればこの記事に書かれていることが分かっていただけると思います。

「ものまね」とは何ぞや?

一言でものまねって言いますが、ものまねっちゅーのは一つではありません。

ものまねを大まかに分けると「声帯模写」「形態模写」ってのがあり、前者は声、後者は仕草や容姿なんかをまねすることです。コスプレもある意味形態模写やな

難易度でいえば、よほど高度でない限りは「声帯模写」のほうがハードルが高いです。そして、この記事では初心者向けに「声帯模写」寄りで話すからそこんとこヨロシクね!

1.まずは自分の声を知る

ものまねのコツを掴んだ僕と言っても、できないことはある。そらもうたくさんあります

たとえばホリ林原めぐみのものまねはできない。あんなにものまねうまいのに

できないといったけど、それこそ一生をかけて声帯や仕草を研究して林原めぐみを追究したらできるかもしれない。できないというのは一般的な話で、急にかけ離れた目標を追いかけても達成は見込めないということ。だから、どんなことにもファーストステップは必要です。

じゃあ「ものまね」のファーストステップは何か?

それは「自分の声」を知ること

自分の声を知って、似た声を探せば、そもそもが似てるし、似させるのに大きな努力が必要ない。簡単なものから始めると達成も早いのでモチベーションも保ちやすくてオススメです。楽勝ゥ!

というわけでまずは自分の声を録音してみましょう。

録音内容は何でもいいです。歌まねをしたければ歌ってみるも良いし、喋ってる声まねだったら何かセリフをしゃべってみるも良い。今はスマホで高音質で録音できるアプリがあるので気軽にできます。

そして聞いてみる……

どう? 死にたくなったやろ? 鼻毛むしりたくなるような気分やろ?

大体の人がそうなる。「俺の声キモすぎ……」と。

大丈夫、これはほとんどの人が通る道だから心配しなくてもいいです。自分の声に違和感を覚えなかった人は……それはそれで才能があるかも

↓ここでまず自分の声に自信がほしい人はこちらを試してみてください

【ボイトレ見本あり】声優のようないい声を手に入れるための方法 – にちプチ 【Nichi-Petit】

スポンサーリンク

2.自分と似た声(音)を探す

自分の声を聴いた直後、自分の知ってる限りの歌手や声優で、一番自分に声が近いものを探してみよう。

人によっては、それが動物であったり、別の何かの音かもしれない。そこは自分のニーズに合わせて探してね。ちなみに僕の最初のものまねは「錆びた扉が『ぅうぉ~ん』って鈍く軋む音」だったよ! そのあと「小さいけどリアルな音のオナラ」をやって、進撃の巨人・リヴァイ兵長(神谷さん)やって、小野Dやって、若本やって……と少しずつ難易度や志向を変えてゆきました

一つやり始めることで、そこから少しずつ派生したり成長して次の題材も見つけるのが楽しみになるから、まずは簡単なものからトライしましょう。ここマジ大事

3.ものまね練習中の注意

ここまで読んでくれた人は、ウキウキで最初の題材を練習してるものと思う。そこで注意しなきゃいけないのは、「完璧に似せようとしないこと」です。

理由は一個の題材にこだわりすぎると、できなかったとき絶対モチベーション落ちるから。僕こだわりすぎてめっちゃ落ち込んだよ! 「俺全然似てへんやんけ……こりゃ他のものまねも似るはずがない……」ってなったもん!

ある程度似てきたら、「まあ、こんなもんやろ」ってとこで一旦やめときましょう。

大体初級でそんなにうまくできるわけないし、色々ものまねやって掴んでいって戻ってきたころにはその初級もうまくできるようになってきてるもんだから大丈夫よ!

まずはここから少しずつフィールドを広げていきましょう。色々なものを真似することで以前は意識してなかった「気づき」もいっぱい出てくると思うので、そこは「質より量」主義で!

スポンサーリンク

ものまねがうまくならない3つの理由

まずは圧倒的な練習不足です。

体験談として、僕はある劇団にいたんだけど、同僚に「ものまねができたらなぁ……」といつも呟いてる人がいました。その当時の師匠が「演技向上にはものまねをやっておくと良い」ということを稽古でよく言っていたので気にしてたんでしょうね

ほんで僕はその同僚に言った

「普段からものまねする癖つけたらいいじゃないですか」と。

返ってきた言葉は「やろうと思うんだけど時間がなくて……」だった。

なんだろ、この違和感。ものまねする時間を設けないとできない……? あなたは一分一秒を誰かに管理された世界に生きているの? なんだったら今稽古してるこの場、声出し放題だぜ?

僕はテレビ見ながらそのテレビの俳優の面白いシーンなんかをものまねしてる。面白い音のオナラが出たらそのオナラの音をまねしてる。そんなレベル

1日の内に「これから1時間ものまねします!」って時間を設けるような人の方が珍しいと思います。何その時間

わざわざそんな時間を設けようとするのは、上達しない理由の一つだ。なぜなら、何かしらの理由をつけて結局やらないから!! 結果練習量も減り、次第につまらなくなってゆく。練習はあくまで楽しく、日常生活の一部としてなんとなーくやることが大事。習慣もつくしね

二つ目は恥ずかしがってる人。これもダメ

「今からものまねやります……ヘヘ」みたいな。この「ヘヘ」の照れがダメ。

楽しみながらやるのは当たり前だけど、真面目にやんないとダメ。楽しい=不真面目・ふざけてるってわけじゃないから。このへんはスポーツやってる人ならわかると思う

やるときは思い切り! 似てなくても思い切り! 真摯に!

若本の「ぶるあああああああああ!!!」のものまねを俺がどれだけデカい声でやってると思ってるんだ!! しかも部屋で

中には自分で録音するときすら恥ずかしがって全力を出さない人もいる。オイオイオイ練習で全力を出さなくてどうする!?

ものまねやる以上は大半の人が自己満じゃなくて、誰かの前で見せるためだと思う。もちろんフィールドは様々。お笑いのライブから飲み会の席までいろいろだろう。練習でそんな感じなのに本番でちゃんとできるわけないだろ! もっと、熱くなれよおおおぉぉぉぉおおおぉお!!

ものまね芸人さんとか見てるとわかるでしょ? 半笑いでなんかやってない

もう真面目。本人みたいに真面目。ていうか半笑いでものまねやってる人は寒い。見てるこっちも不快になるレベル

真面目にやってると人も笑ってくれる。最初は笑われててもいいの。そうやって人の心を少しでも動かせたら、「もっとやりたい!」って欲が出るから!

ってなるから!

もう1回言う。恥ずかしがってる人、ダメ!

三つ目は「漫然と練習している人」です。

歌でもスポーツでもそうですが、何も考えず、ただ与えられたメニューをこなしているだけの人は何をやっても上達しません。特にものまねは人(物)をまねすることですから、まずは対象を徹底的に分析しなくてはいけません。

「この人はどんなふうに声を出しているんだろう」「この音を出すには喉をどういう風に動かすんだろう」ということを常に考えていないと、店先で「いらっしゃいませー!」の練習をしているバイトと変わりません。

あなたがやろうとしていることはものまねなのです。その練習には何の意味があって、今目指すものまねの対象にどう近付けるかをしっかり考えて練習しましょう。

次項では、その意識する部分を説明します。

気にすること・意識する事

まずは冒頭で言ったように対象人物(モノ)を好きになること。愛着を持つこと。

愛着があるものはよく観察する。先述のように「どうやってそんな声(音)出してんだろう・・・?」といろいろな方面から追究して、自分のものにする第一歩になるから。とにかく観察する。観察って大事

喉仏の上がり方だとか、中々見れないけど舌ベロの位置や形、首の筋肉、胸やお腹の動き方……得られた情報を元に、自分も同じ動きをしてみる。最初は似てないけど、その動きに違和感が無くなる程度に反復してみると少しずつ似てくるよ!

そう考えると声帯模写と形態模写は実は繋がりがあったりするんだよな。

そんで、声を出すときに一番重点を置くのは喉の奥。絞った無理な声を出す声優さんもいなくはないけど、大体の声優さんは喉の奥が開いてる。喉の開く感覚って、日本人(日本語)だと言語の特性上ほとんどないって言うから、もうこれは意識してやるしかないね。

オペラのものまねなんかは喉の動きを把握するにはとてもいいです。「お~~~~~~~」みたいな感じで、俗にいう「ええ声」を出してみる。

最初は無理をしてる感じで、喉にも力が入りまくるし、じゃあ力抜く! てなったら「ほぉ~~~~」みたいな間の抜けた声しか出ない。

大体の声楽や発声のHOW TOサイトで言われてることだけど、「力抜きながら声出す」ってことの難しさに無頓着すぎだよなぁ!?

初心者にんなこと言われてもできないよね! サラッと言っちゃってさ!

だから僕はサラッと流さない。脱力って本当に難しい。大事なテーマであり声を出す要の技術だから脱力は常に意識して!

これも反復練習。僕は力抜いた状態からアプローチしたよ!

力入ってる状態から抜くのは結構難しい(というか僕はできない)けど、脱力状態からしっかりした声を少しずつ出していくのは割といける。具体的な題材だと、歌手の井上陽水さんは結構いい練習になりました。彼は独特な声をしてますが、ものまねしてみると喉の使い方が非常にうまいのが分かります。力を入れなくても響く声が出せる発声。

そうやって少しずつ脱力と喉の開きを意識していくと、「あ、なんか今の響き(体の振動)いい感じ……」と気持ちいい瞬間が訪れる。それを掴むまでやってみてください。すると喉の使い方に幅が少しずつ広がってきて、「喉にこんな風に息を送り込むとこんな声になるんだな」って言うのが分かってきます。

他にも腹式呼吸とか、空気を吐く方法とか、大事なことはいっぱいある。でも最初のステップはやっぱり「喉」。喉に全神経を集中することから始めてみましょう。

ものまねでやりやすい題材

ものまねの上達には「自分に合ったものまね」が大前提なんだけど、その中でも比較的まねしやすい題材はあります。ってわけで以下にちょっと列挙してみるよ!

平泉成・・・この人は特徴に対してやりやすさが段違い。喉開いて息吐きながら(漏らしながら)喋るとうわずった声になるよね? それ殆ど成だから。もう君成だから。僕はこの人のものまねをきっかけに色々な声の出し方を発見しました。

トレンディエンジェル斎藤・・・「男がカッコいい声出そうとするとこうなる」の典型。「声カッコいい!」って言われてる友人のほとんどが斎藤さんに声が似てる(もしくは斎藤成分がある)ので、一般的な高さの男性の声であれば結構寄せやすい。

田口トモロヲ・・・プロジェクトX! この人は声の抑揚を少なめにナレーションしてるから、演技的な声の出し方が苦手な初心者の最初のステップにはピッタリかも。すごい個性! っていう声じゃないけど、とても魅力的な声。

志村けん・・・バカ殿やひとみばあさんみたいな喋り方はとてもやりやすい。「喉絞りまくった男の声」って感じで、一般的にはよくない発声と言われがちだけど、声の幅を広げるためには絶対に通っておいた方がよいものまね。

・・・僕は男だもんで女性のものまねには疎いけど、男女ともに猫のものまねは比較的やりやすいうえ、やってる人も多いと思う。猫の鳴き声は鼻腔に響かせる感覚を掴む上でとても有用なので、人物ものまねがやりたい人にも是非押さえておいてほしい。ちなみに僕は「発情期の猫のものまね」が得意だぜ!

他には、特定のものではないけど「短い」ネタとかはとっかかりを作りやすい。例えば、格ゲーのキャラボイスとか。「波動拳!」とか、ダメージ食らった時の「うっ!」とかでもいい。ちなみに僕は「ストⅡ」のサガットが得意です

また、初心者に役に立つ参考書として、僕は以下の書籍を推します。

練習メニューが人物に留まらず擬音まで対象になっているので、喉の感覚を鍛えるにはとてもいい一冊になってます。

ボーカル教室で声の出し方を学ぶのもあり

「ボーカル教室って歌やろ? ものまねとジャンル違うやんけ!」と思っているいて座のあなた!!

それは大きな勘違いだ。舞台俳優だろうがアニメ声優だろうがシャンソン歌手だろうが、活躍の場は違えどみんな「声」を鍛えて初めて最高のパフォーマンスを発揮しているに他ならない。そしてあなたがものまねするのは彼らだ

かく言う僕も、しばらくボーカル教室に通いながら歌を歌って自分の声を研究した。結果通う前と後の歌は大違い。以前は喉ガラガラのギャーギャー声だったのが、今はかなり楽に歌えるようになった。出せる音域がアップしたってことだ。

これはもちろん通常の話し声、そしてものまねをする際の声にも影響している。つまり、声の出し方の「あるジャンル」を学べば、他の分野にも応用がきくということ。

大手のボーカル教室である「シアーミュージック」は、ボーカル、ギターだけでなくなんと「話し方コース」という分野まで取り扱っているので発声を極めたい人には願ったりかなったりじゃないだろうか。 僕はボーカルコースでもいいと思うけど……

無料体験レッスンなどもやっているので一度のぞいてみてください

◆シアーミュージック・公式サイトはこちら

マンツーマンのボーカルスクール

自己流で道を模索するのも良いけど、あまりにも手間がかかりすぎる。ちょっとでも疑問ができたら、マンツーマンで先生に素早く質問して答えを貰ったほうが何十倍も早く成長します。これは絶対

ただ!

何年もダラダラ通うのではなく、自分なりの「声の出し方」について一応の結論が出たらあとはスクールを離れて自己研究をしたほうが良いと思う。そこで得られた技術って減るもんじゃないので、僕も今は通ってません。また壁にぶち当たったら通おうと思ってます。

ものまね上達法まとめ

スポーツもそうだけど、感覚をつかむまではひたすら反復練習の繰り返しでつまんないけど、一度感覚を掴んだら「コレかぁ~~~~~!!」ってなるから、それを目指して頑張ってください!

声ってスピーチや演技と色々な場面で使うから役に立たないってことはないので、自分が持つかけがえのない財産だと思って、日々研鑚していきましょう。

エンド



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA