短期間でお金を稼ぎたくてスバルの期間工で100万円貯めた話

スポンサーリンク

地方の人なら分かると思いますが「上京」って言葉、ワクワクするよね。

何かしらの目的があって「都」に上る。そりゃあもうドキドキ。ドキがムネムネやわ

でも!
そこでネックになるのが「お金」
東京って全てが高い。都庁も高い。ムカツク

ほんで上京計画を立ててみるものの、家賃、引越し代、家具代など考えると最低でも50万はかかる見込み。それから現地での新生活の蓄えに余裕を持っていたいと考えるなら更に50万円合計90~100万円はほしいところかなーと

100万円。

サラッと口に出ちゃった金額ですがこんなエグい話はありません。
だって夢追いかけて上京するっつったら大体10代~20代くらいじゃん? 働いた経験も浅いジャリンコがどうやってそんな大金担いで上京すんのって話よ。

普通にバイトなんかで100万円貯めるというのは、年単位かかってしまうこともある。って言うか僕はムリ
貯めてる間にだって誘惑はいっぱいあるし、そんなもん月日が経てば経つほど出会う機会は多いんだもん。「金稼ぐ→金使う」の繰り返し。おお、国内経済には貢献してるじゃん! ってやかましいわ

とにかくどんな我慢強い人でも中々「年」は待てないっつーことは伝わったと思う。時間だってもったいないし、ちんたらやってたら「夢を追って上京」とかいう年齢じゃなくなっちゃうし

そう思った僕は、その100万円を自動車工場の期間工をやって4ヶ月で稼ぎ出しました。
ちゅーことで今回は、僕が上京資金調達のためにスバルの期間工になった話を綴っていきます。

 

スポンサーリンク

上京を思い立つ

2008年の夏、21歳の僕はガソリンスタンドのバイトをしていた。大して給料も良くなく、その日その日をなんとなく生きる毎日……貯金? んなもんねーよ

「いつか上京して東京で俳優の仕事がしたい」というひそかな夢を抱いていたのだが、如何せん上京資金なんて手元にはない。頑張って貯めてるかといえば、やれバイクだのやれ飲み会だのと散財の連続。だらしなさMAX
そんな時、ふとある言葉が浮かんだ

 

出典:ジョジョの奇妙な冒険 第4巻

この言葉はポコという少年が面倒事を「あ…あしたやって…やらあ!」と姉ちゃんに息まいたときの返しだ。

将来の先行きの見えないまま、地元で心身をすり減らしながらポコと同じように「あした、あしたはきっと……」と言いつづけるんだろうか? 気づいたら40超えてて「今更遅すぎるでしょ」なんてことになっちまうんだろうか?
そう思うと居ても立ってもいられなくなり、とにかくネットでお金を稼ぐ方法を調べた。

もちろん長期的に見ればお金を稼ぐ方法はいっぱいある。
今やってるバイトもそうだし、どっかの正社員になれば給料も上がる。でもそれじゃ時間がかかりすぎる
「楽してすぐ稼ぎたい!」なんてことは考えてないけど、とにかく時間がかかるものはアウツ。その流れで見つけたのがネットに載っていた富士重工(スバル)の期間従業員(期間工)の募集だった。
色々と考えを巡らせた末思った。これしかねぇ!!!

 

出典:ジョジョの奇妙な冒険 第4巻

面接 in 新宿スバルビル

とりあえず募集の広告を見て電話をした。そして面接の日を決める。こういう時に行動するのはとにかく早いほうがいい。特に僕やポコのような先延ばしタイプは

受付の女性に電話口で「とてもキツイお仕事ですが、大丈夫でしょうか?」と念を押される。「大丈夫です」と答える。そらそうやろ

僕は熊本県民なので、当時格安航空機でも東京の面接会場まで往復15,000円、しかも同日帰るというタイトスケジュール。お金が無いので体力でカバー

ほんで面接会場に到着し、面接官とご対面するわけだが、今でも忘れないあの面接官の渋い顔。
理由は身長172cm、体重53kgのクソガリ体型。「前科者でも受かる」「落ちるやつが珍しい」など、ネットで調べたときはハナクソほじりながらでも受かるほど好き放題書かれていたが、クソガリでも受かるとは書いてなかった。
そして今まさに落とされようとしている自分がいる。ちくしょおおおお!!!!

とりあえずそこで諦めたら試合終了なので頑張ってみる。積極的にこちらから自己PR話もした。根性ありますアピールしまくった
その最中、面接官の女性の一人がこう言った。

「働く意思は確認できましたが、その……やはりキツイお仕事なので無理だと思います……」

な゛ん゛て゛た゛よ゛お゛お゛お゛お゛お゛!!!!

一瞬頭が真っ白になった。でもここで「そうですか」なんて言ったらお祈り確実じゃん?
そこで意を決して言った。

「僕は最初から無理だなんていうのは嫌です。それに頑張らなければならない理由もあるんです!」

かっこいい。これがドラマだったら主演男優賞確定だろ常識的に考えて……
実際頭の中では「何のため金払って東京来た思っとんじゃオラァ!!」という感じだけど、それでもかっこよかったと思う。

ほんで僕の心の叫びを聞いて面接官は言った

「固い意志がおありなんですね、わかりました。それでは採用ということで。」

え、なんなのこれは
さらっとしすぎじゃない?
というか、その場で決まるんだ……少し困惑したけど「ありがとうございます!」と元気に返事をするクソガリ。

面接が終わった後の僕は、とにかく有頂天だった。「これが第一歩だ!!」とか言いながら虚空を見上げて拳を強く握ってた。まだ働いてもいないのにね

これはどんな職種にも言えることだけど、面接官がマイナスな事を言ってきたら、もう当たって砕けろでいい。それ以上評価が下がったって受かるか落ちるかの結果は一緒だもん
だったらもう好き勝手言え! 圧迫面接? 上等! 俺が開放してやるわ! 開放面接や!

 

スポンサーリンク

故郷を旅立つ~魔境・グンマー~

上京資金を貯めるため、僕が働く工場は群馬県! そう、あの未開の地・グンマーだ。
就業後は寮生活で、しかも相部屋かもしれないので荷物は最低限に。最終的にスーツケース1個に収まるだけ持っていった。

もし僕と同じように期間工で金貯めたいと思ってるドリーマーは、ここであらかじめ筋トレをしておくことをおすすめします。
面接から実際の着任までは面接時期によっては1ヵ月ほどの期間がある上、業務内容は肉体労働なので体を鍛えておいて悪いことはありません。

もうね、ほんっと身体バッキバキになるから。今まで飲食とかのバイトしか経験してない人がそのまま着任しても高確率でバックレるくらい最初は過酷。その苦労を少しでも軽減するためには、筋トレです。特に僕のようにやせている身体だと本当に苦労します。大体の肉体労働はクソガリには優しくないからね。仕方ないね

そんな不安の中、僕は単身群馬県に旅立つのでした。

 

スバルで就業前にやること

いよいよ故郷を離れ、自分の足で歩くことを決意しはじめたわけだが。だがだが
ここで気になるのは「赴任したら最初に何すんの?」とか「工場の雰囲気はどうなのか?」とか「仕事のキツさはどれくらい?」みたいな感じだと思う。

赴任早々、まずはレクリエーション。自分が働く工場内を見て回ります。
この時点では「へえ~、自動車ってこんな風に作られとるんやな」みたいな学生気分。工場内の雰囲気はというと、とにかく薄暗い。明りといえば、味気ない白色蛍光灯と白熱灯がチョコチョコある程度。あとは延々広がるフレーム枠のコンテナ。そのコンテナに車のドアだとか、ボディーの部品が格納されてるわけだ

ひとしきり見学が終わるとそこからの健康診断。身長、体重、採血など、一般的な健康診断内容。注射嫌いなのでそれだけ少し苦痛だったくらいかな。ネットの話だと、この健康診断はわりとザルなんだそうだ。僕はクソガリであること以外は血液も内臓も健康なので何の問題もなかった。

とりあえず初日のお部屋は相部屋で、そこから正式に着任する工場・部署と部屋割りが決まる。2018年現在では、期間従業員・正社員共に相部屋は無くなっているようでめっちゃ羨ましい。作業服と安全靴等も支給され、お仕事の体裁も整った感じ。
たまたま初日に相部屋だった人が、同い年だったので「何かの縁」と勝手に親近感を覚え、連絡先を交換。着任先も違い、ほとんど一緒にいる時間もなかったんだけど、彼は今元気なんだろうか……

 

スポンサーリンク

お仕事開始 in 矢島工場

翌営業日から本格的に仕事が始まります。

僕が割り当てられたのは「ボディ課」という所で、車のボディになる裸の金属を溶接するお仕事。
溶接といっても、僕が遮光板と溶接機持って「ジジジ」っとやるわけではなく、金属板を型にはめてボタンを押すと機械が勝手にやってくれます。

装備は、上からヘルメット、エプロン、ケブラー手袋・リストバンド、皮手袋、安全靴等々。粉塵が多いのでマスク、金属音がガシャガシャうるさいので耳栓などあるとなお良し。というか耳栓がないと本当にやばい。パチンコ屋の騒音が春風のささやきに感じるくらいうるさかった
あと自動車工場の人は、金属の粉塵が多いから肺なんかをよく壊すんだそうだ。だからマスクも必須

勤務形態は交代制なので、早朝6:00頃~夕方15:00頃の週と、夕方15:00頃~深夜0:00頃の週が交互に訪れます。
最初は早朝。勤務前恒例のラジオ体操を済ませ、口頭で装備のチェック、そしてラインに入る。それから約1時間は延々と単純作業。部品はめて溶接ボタン押してまた部品はめて……の繰り返し。

基本的に一つの場所だけ担当ってのは無くて、複数の場所をローテーションしたり、欠員が出ればその分担当場所を増やしたり……割と仕事は固定されてない感じ。まあどれもよっぽどドン臭い人じゃない限り2~3日で完璧に覚えられるはず

 

スバルの期間工、仕事はキツイの?

はい、きついです。むっちゃきついです

特に初日からの筋肉痛は、体がバラバラになるかと思うくらいきつかった。
人間が持つあらゆる欲望がほとんどシャットアウトされ「寝る、食べる、働く」以外の事を考えられなくなりました。例えば、仕事が終わっていつもは22時に寝るのを、ちょっとテンション高くなって翌1時まで起きてるとかマジ無理。そんな感じだと翌日の仕事はきつくて動けなくなります。だから僕は着任中ほとんど夜更かしなんてしなかった。まじめ!

そんな風にコンディションをしっかり整えて、規則正しく頑張っても、正直最初の2週間は逃げ出したくて仕方なかった。「辞めたら他の人に迷惑がかかる」とか「1ヶ月だけ我慢して辞めよう」とかそんなレベルじゃない。今すぐバックレたかった

あと時間。時間の流れはすっごい遅いから覚悟すべし。
僕の場合は小学校の時の6年間が4ヶ月に凝縮された気分。マジで長い
作業が単純&キツイ仕事だから、1時間くらい働いた気分でも15分しか経ってないなんてザラ。もうね、やってる間は時計を気にしない方がいい。時計を見ずに自分を機械の一部だと思って感情をできるだけ消して、一定の心拍数維持する感じでとにかく目の前の部品を型にはめる。トリム課だったらとにかくネジをはめる。
そうしてれば気づいたときには休み時間になってる。

そして作業スピード!
これもね、遅くちゃダメ。ライン作業だから、自分が遅れると後の工程も遅れるし、前の工程は詰まる。遅いよりはマシだけど、早すぎてもそんなに意味がない。どうせ後の工程のペースに依存してるから。
しかも早くやっても休める時間なんて2~3秒増える程度よ? 秒単位とか泣くっしょ?

衝撃的だったのは着任したばかりのとき、まだ僕の作業が遅くて、指導してくれる人が「ここをこうやってやると0.5秒早くなるから」って指導してきたとき。

え? 0.5秒???? そんなミジンコのハナクソみたいな時間早くなって何が変わるの??? って普通の仕事してる人なら思うでしょ?
1分とか5分とかなら、時間の大切さが実感できる。0.5秒て。陸上競技かよ

……と思いつつ、1日の生産が500台で、労働時間を8時間だと考えると

500(台)÷8(時間)=1時間あたり62台作ってるわけで、大まかに言うと1台/分の生産量。

そんで

0.5(秒)×500(台)=250(秒)

つまり4分ちょい。

そうすっと、1日4台分車の生産量が落ちるわけだ。車の1台の値段が250万円だと考えると……後は分かるな?
そんだけラインが遅れることに工場はシビアなワケだ。上辺では「安全第一」なんて言ってるけど、それは一定の品質と稼働率あってのもの。

ここまでくると結構期間工の大変さも分かってもらえたと思う。
しかし人間の体っちゅーのは不思議なもんで、1ヶ月経つころにはかなり慣れちゃって「体がバラバラになりそう」から「めっちゃ疲れた」くらいまで軽減されて、最終的には「今日も疲れたな―。晩メシ何食おうかなー」くらいになってます。

だから思う。

一念発起してここまで実行できた人は諦めないで、もうちょっとだけ頑張ってみてほしい。
その地獄はいつまでも続くわけじゃないから。その更に先にある未来のために鍛えてるんだ! って

僕は毎日自分を奮い立たせるため、松岡修造の熱い言葉を反芻してました。もっと熱くなれよおおおおおおおおおおおおおお!!!

それから、仕事の疲れを明日に残さない為の習慣として大事なのが「お風呂は湯船に浸かる」こと。
寮に大浴場があって、めんどくさくてシャワーだけで済ませたことが一回あったんだけど、翌日の体のだるさと筋肉痛が半端じゃなかった。湯船に浸かって、体を入念に揉みほぐしながら入浴するのがベスト。汚れと共に疲れも洗い流す感じで!
二の腕をもにゅもにゅ! 太ももをもにゅもにゅ! もにゅもにゅモニュメント!

色々大変だけど、自己管理きちんとする習慣が身につくから良いと思うよ。身につかなかったらキツくてついていけないもん。

散々大変なトコを列挙しましたが、働いた後のメシはクソうまいです。そこはさすがの肉体労働
もうね、納豆ごはんが天使の食いモンかってくらいのうまさ。ロブションで出るメシの5倍くらいうまい

 

スバルの寮や工場の雰囲気は?

僕がいたのは「大泉寮」という寮で着任先は「矢島工場」という現場だったのですが、まず工場の雰囲気は暗かった!!!!
前述のように物理的に暗いのと、人間関係もお世辞にも明るいとはいえなかった。それでも、真面目に働いていたので職場の方々と衝突なんかはありませんでした。

ただ土地柄か、地元の人に次いで北の人(東北あたり?)の人が多かった。訛りの違いはカルチャーショックだったし意味わかんない方言は本当に困った

一方、寮の雰囲気ですが、もう動物園状態。
たまたま変な人がいた時期と重なったのかもしれないけど、とにかく変なヤツが多かった。
とりあえず窓から「はぁあぁあああ・・・」と恍惚の表情を浮かべながら小便してるヤツはいました。バカかあいつは
違う寮ではお風呂の湯船でうんこをしたヤツがいたという話を聞きましたが、真偽は定かではありません。そんなもん目撃したらうんことそいつ放り出すわ

あと敷地内に野良猫が多くて可愛かった

 

スバルの期間工、給料はおいくら万円?

僕が就業していた時期(2008年10月~)は、かの有名な「リーマン・ショック」真っ只中。自動車工場もなるべく生産数を抑え、休日出勤なんて4ヶ月のうち1回したかしないか程度、残業も月5時間以下でしたね。これがなかったらもっと稼げてたはず

それで社保やら年金やら引かれて大体手取り24~25万円くらい。食事等も寮の安い食堂で済ませてたけど、夜勤の日だけは近くのコンビニで。

寮費が無料というのがとてもありがたく、これがなかったらお金貯まんなかったかも。
ほんで期間満了すると、慰労金と言う形で4ヶ月でも8万円ほどお小遣いがもらえます。8万円て、でかいよね

 

どれくらいの期間働けるの?

富士重工のシステムとしては、4ヶ月まず働いて、その後は2ヶ月ずつ契約更新という形態でしたが、折りしもリーマン・ショック期間中。
僕は更新することもできず、不景気のため4ヶ月で契約終了となりました。
通常だったら「次の更新どうする?」「やります」みたいな感じで続投すること前提で話が進むらしいんだが……

あの時期は異常で、(期間工として)20年くらい務めていた人も辞めちゃったりと、めちゃくちゃでした。
……が、ダラダラ働く気もなかったので今思えばあれでよかったかなと。でもあと2ヶ月いたらもっと余裕持っていられたかもってのはある。

 

期間工で貯金する秘訣って何?

これに関しては確実に言えます。「工員同士での付き合いを極力減らす」こと。
工場周辺は、あまり娯楽がありません。その中で「パチンコ」や「キャバクラ」「ソープ」は結構あるんだなこれが。
だって太田駅の前の道なんて、車道より歩道の方が広いんだぜ? 完全に風俗街だろこれ

そうなると週末に送迎のバスの中で出る話題は「●●という店の○○ちゃんに会いに行く」っちゅーお話。娯楽がない街の話題なんてこんなもんよ
だからってこんなんに付き合ってホイホイ入っちゃったら万札がいとも簡単に吹き飛ぶんだからね! ああ、堕ちていくアタイ……
「俺にはもっと大事な目標があるんだ!」とは言えないので「金欠で節約中なんすよ~www」とかなんとか言ってうまく断りましょう。奢ってくれるならついて行ってもいいだろうけど、僕はとにかく断りまくった。年末の飲み会も断った。断り無双状態

ほんで休みの日は何もしないことが一番の節約です。今はスマホも発達してるし、ネットで動画でも見てれば一日なんてすぐ終わる。それが期間工以外の環境での出来事なら悲しくて涙が止まらないけど、今は充電中の身だしね。
もしくは東京での転職先探しでも良い。時間は有限なので有意義に使ったほうが良い。光陰矢の如し。工員屁の如し。

 

これから期間工で頑張ろうと決心した人へ

こうして僕の怒涛のような4ヶ月間の期間工生活は終わりを告げ、何とか東京に移住することとなりました。

これから僕と同じように、期間工で頑張ろうというあなたのその気持ちはとてもすばらしいと思う。辛い前途が待ち構えていると思いますが、それを乗り越えれば一つあなたは大きくなっている。

「期間工なんて誰でもできるから大したことない」なんて他人と比べなくてもいい。あなたがどう成長し、目標を達成したかが大事なのだから。

そして頑張った分は必ず金になるから! 夢を叶えるために頑張れ。超頑張れ

エンド



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA