【Visual Studio】C#・SHDocVwのアセンブリ参照指定方法

SHDocVwのアセンブリ参照
スポンサーリンク

「ソースコードを弄ろうとしてプロジェクトを開いたらSHDocVwの参照エラーが出てる! これじゃビルド出来ない!」

結構今更な上、超初心者な話ですが、こんなことがありましたので備忘録も兼ねて記録を残します。

ソース画面的には以下のような感じ。

usingも実装部分も見事にエラーが出てVisual Studioに怒られてます。

というわけでサクッと解決しましょう。

スポンサーリンク

SHDocVwの正しい参照先を指定してあげる

本説明内容は、Visual Studioのバージョンによって若干挙動が変わってくるかもしれませんが、やることは大筋変わらないと思います。(ちなみに僕はVisual Studio2015を使ってます)

ソリューションエクスプローラーの「参照」を右クリックして、「参照の追加(R)」をクリック

参照マネージャー画面が出るので「COM」のライブラリを選択し、「Microsoft Internet Controls」をチェック後「OK」ボタンを押下

以上で参照先の指定は完了です。

指定完了後はソリューションエクスプローラー画面の「参照」の部分に「SHDocVw」が追加されています。

併せてソース画面も確認すると、参照エラーが消えています。これで安心!

原因:アセンブリ参照の設定が正しくされていない

Visual Studioに怒られたまんまの言葉ですが、直接の原因としてはこれがすべてです。

ソリューションエクスプローラーの「参照」の部分を確認すると、「SHDocVw」がない。

間接的な原因も考えると、Gitなどのバージョン管理されているソースをダウンロードしたときに、ほんとにソースコードのみコピーされて、プロジェクトファイルに入っている参照データが引き継がれてない場合。

Gitは主にソースコードをバージョン管理するシステムなので、プロジェクトファイルの参照データ情報等が含まれてないのは当たり前っちゃ当たり前なんですが……

なので、Gitを介さず仲間内で「参照エラー出てないよ」な人のプロジェクトファイルを含め丸ごともらうとエラーは出ません。

スポンサーリンク

まとめ

今回の件はSHDocVwの参照エラーがきっかけというだけで、他の参照先についても大いに起こりえます。

プログラムの参照やらの仕組みを知らないうちは「え!? 他の人はできてるのに……?」みたいなことが結構ありますが、落ち着いて原因を探っていけば難しいことはありませんので少しずつ理解を広げていきましょう!



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA