【ネタバレあり】『ゴミ屋敷とトイプードルと私』を読んだ感想を語るよ!

スポンサーリンク

 ついに読んでしまいました『ゴミ屋敷とトイプードルと私』

あちこちのブログを読んでると広告枠で出てくるこの漫画、絵は好みでないものの、だんだん内容が気になり始めて、ついに購入。

結論として、内容は想像できているにも関わらず面白い展開だったので、みんなにも是非読んでほしいと思い感想を書くことに。

僕自身もネタバレサイトを読んだ後に『ゴミ屋敷とトイプードルと私』を読みましたが内容が分かった上でも十分楽しめると思います。一般コミックほどのボリュームではないため、待ち時間やちょっとした休憩などで読むのに最適です。

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』あらすじ

主人公の明日香は34歳キラキラ系OL。

ブランドバッグにエステ、そして可愛いトイプードルに囲まれ、誰もがうらやむ素敵な毎日を送っていた……かに思われたが、実際はSNSで見栄を張るため借金を繰り返し、自分ではカードの支払いもままならない堕落しきった日々。

そんなある日、自分を甘やかしていた父親が倒れたことで、資金源を無くした明日香はお金を得るために以前から言い寄られていた取引先の中年社員の誘いを受けるが……

※ここから先はネタバレを含むため、内容を知りたくない方は閲覧非推奨です

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』ネタバレ込み感想

話の内容としては「スカッとジャパン」系の展開で、表紙からも想像がつくくらいの転落劇。

おそらくネタバレ記事を読まなくとも皆さんなんとなくラストは想像できるんじゃないかと思います。

 

結論は登場人物全員報われることがないバッドエンドなんだけど、不思議と胸糞悪いモヤモヤとした気持ちは残りません。

なぜなら、みんな不幸のレイヤーが浅いから!!

基本的にお金とか信用とかの社会的なステータスが崩れていくだけの話なので、登場人物の行動一つで誰かが死ぬだとかそういう展開は一切ありません。病気で倒れた明日香のお父さんは気の毒やけど

あの中で一番の不幸だったのは明日香に飼われてしまい、短い人生(犬生?)をめちゃくちゃにされたトイプードルのソラ君です。明日香に虐待されたあげく家の中でほぼ死体の状態で発見されるというなんとも可哀想な展開。後半ソラ君と思われるトイプードルが明日香の姉夫婦に引き取られて幸せに暮らしている描写があったのが唯一の救いですが……

なんだかんだで「父親」という最強の身内パワーに保護されたATMを失った明日香はお金の工面に躍起になります。見境のなくなった彼女は取引先のエロ親父にすり寄ってお金を無心しようとしますが、エロ親父はただやりたいだけのケチ人間。

大したお金も貰えず、身体だけ汚され呆然と立ち尽くす明日香だったが、SNSの魔の手はこのスキャンダルを見逃さなかった。

エロ親父との密会を会社全体に暴露する謎のアカウント……その正体は明日香を先輩と慕っていたサヤの仕業。

会社というのは本当に特異な場所で、好きでもない人間と歩調を合わせ、仕事をしなければいけません。サヤもその一人で、内心明日香のことは大嫌いだったんですね。まあ実際にあんな34歳が自分と同じ職場にいたら「セレブぶっとる癖になんでこの会社で働いとんねん……」と胡散臭さと疑念の目を向けてしまいます。年上女子好きやけど

最後は会社にも家族にも見放され、ほとんど人格が崩壊してしまった明日香ですが、周囲にバレながらも自分の理想を映したSNSの嘘更新は続けており、それが悲壮感に拍車をかけています。若干このシーンは可哀想だなと思ってしまったわ

外見はこんなに可愛いのに、性格が激悪だったばっかりに自分が得たもの以上の物を失った明日香。彼女が立ち直り、新しい人生を手に入れる日はやってくるんでしょうか。

20代前半まではその若さ「だけ」が武器だった女性が次第に相手にされなくなり、今度はSNSで虚栄心と承認欲求を満たそうと奔走したあげく、最後はSNSによって社会的に抹殺されるという引き目で見ると喜劇のような話……それがこの『ゴミ屋敷とトイプードルと私』というお話。

承認欲求というのは誰にでもあり、僕自身ブログを書いてるのは承認欲求が原動力ですが、そこに嘘が混じり始めるとアカン。嘘をついて自分が認められたとしても、それはいつか自分をみじめな気持ちにする刃となって襲いかかってくる……というのがよく伝わってくる物語でした。

スポンサーリンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』続編情報

明日香の転落劇で終わりを見せた『ゴミ屋敷とトイプードルと私』ですが、実は物語には続きがあります。

今度の主人公は明日香を奈落の底に陥れた会社の後輩・サヤ

彼女もまた、セレブを目指すイタい女子の一人であり、バカにしていた明日香のあとを追うように人生を崩壊させていきます。

これはもはや、SNSだけの話ではなく、自分を「若くて可愛い」と思っている女性なら誰もが引き込まれかねない危険な人生を警告してます。本作『ゴミ屋敷とトイプードルと私』に続き、登場人物のパンチのある壊れっぷりに引き込まれること必至なのでぜひ読んでみてください。

現場からは以上です。

 

エンド



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA