【名言】カズレーザーに学ぶ「鋼メンタル」の思考



スポンサーリンク

 目上の人としゃべる時、めっちゃ緊張する人ー?♪

 

はーーーーーーい!!!!

 

そらそうよ! 相手年上やで? 目上の人は敬わなきゃいかん。肩書きなんぞ持ってたら尚更……

 

 

ってことは今はそうでもないのよね。そうなのよね

 

ここで問題となるのは、目上の人と話すときに「極端に萎縮する人」のこと。言いたいことも言えないし、いつものように言葉も出てこない。ポイズン

 

相手が年上や偉い人ということで、自分が自分でなくなる人向けのお話です。

 

カズレーザーの言葉が痛快すぎる

  みんなカズレーザーは知ってるよね! あの全体的に赤い芸人さんです。

 

あの図太さともサイコパスとも取れる風貌・態度は本当にクセになります。所属するコンビである「メイプル超合金」の安藤なつがあれだけ個性的なキャラなのにカズレーザーのせいで地味ポジションになってる。それくらいカズレーザーのキャラは強烈

 

だが一番すごいのは、彼は他人を傷つけて笑いを取るタイプではない(相方は別)が、先輩も含めて他人に媚びることがない絶妙な性格をしている。こういう人、稀有だと思います

 

普通の人だったら、よっぽど仲の良い先輩でもなければ緊張して自分の本音なんかも言えないんだけど、カズレーザーは違う。もう自分の思ってること言いまくり

 

なんというか、オブラートに包むとか、ぼかしてヌルッと終わらせるんじゃなくて、ストレートに言う。これってなかなかできるもんじゃない。スゲェ

 

ある日彼カズレーザーは『聞きにくいことを聞く』という番組で先輩芸能人に本当に聞きにくい事を聞くよう命じられる。アグネス・チャンに「なんで日本に長く住んでるのに日本語が上手くならないの?」と聞くミッション。

 

そして僕の人生観を揺るがす大きな一言を彼は発する。

 

「肩書きさえ気にしなければ(アグネスは)タダの人間ですからね」

 

その番組をリアルタイムで見ていた僕は驚愕した。多分「んああwww」とか言葉にならない言葉を発して笑ってたと思う。

 

スゲェ、すげぇよカズレーザー。誰もが「わかってるんだけどできない」ことを平然とやってのけるッ そこにシビれる! あこがれるゥ!

 

この人の嫌われ耐性半端ない。その前に取材してた遠野なぎこのインタビューもズバズバ怖い質問してたし。今までは僕も「わかっちゃいるけど派」だったけど、この人ずーっと見てるとそういうの、バカらしくなってくるんだよね。

 

「何変な気遣ってたんだろ」って。

  

偉い人も、自分と同じだった時期がある

 対人関係、特に目上の人間と付き合う上で大事なのは「自分をすり減らしてまで気を遣わない」ということ。それ即ち「相手を軽く見る」ではなく「相手を必要以上に大きく見ない」だと言えます。

 

目上の人や偉い人の前で萎縮しちゃう人は「相手を必要以上に大きく見る人」だと思う。俺がそうだったから間違いない

 

でもそれって、自分が損なのはもちろんのこと、相手も「あなたという人間」がわからなくて損をしてしまう。LOSE-LOSEの関係ですね

 

そこでカズレーザーの言葉「肩書きさえ気にしなければタダの人間ですからね」ってのを少しでも思い出して話してみてください。

 

あの怖い課長も、穏やかな部長も、昔は自分と同じハナタレのジャリボーイで、今も頑張って「大人」の体裁を作ってるだけなんだよ? なんかそう考えると、気持ちが楽になってこない?

 

教科書に載るような偉い人たちも生まれたときから威厳たっぷりなわけじゃなくて、可愛い赤ちゃんだったときがあるんだよ?

 

その人だって、スーパーでお母さんが持ってる買い物カゴにこっそりお菓子入れて「あんた、何勝手にお菓子入れてんの!(バシッ」って頭はたかれたりしてるんだよ?

 

そう考えると……萌えるだろ!?

 

それから長~い人生経験を経て、いろんなことを勉強しての今。だからその功績を「すごいなぁ!!」と賞賛することはあっても、「怖れ多い……」なんて萎縮する必要なんてない。それで萎縮が解けると、今まで相手に対して見えていなかった面が見えてきて、相手への親しみの心が生まれると思う。

 

「超」がつくほどすごい人も有名人も偉人も、朝起きて屁こいて動き出す – にちプチ 【Nichi-Petit】

 

極端な話、その人を怒らせたからってぶっ殺されるわけじゃないんだから!! 相手が独裁者だったら話は別だが

 

死ぬこと以外かすり傷! これもいい言葉だねぇ!!

 

スポンサーリンク

「メンタルを鍛える」とは、回路を作ることである

 「強いメンタルの保ち方」だとか「心の開き方」だとか色々なライフハックはあるけど、どれにも言えるのが「一発で自分が変わる魔法なんてない」ってこと。

 

そらそうよ、そんなんで人がポコポコ変わったら世の中みんな変わりまくって、俺があいつであいつが俺で状態じゃん。昨日まで仏のように優しかった課長が翌朝、鬼のような様相になってたら泣くっしょ? そゆこと

 

でも見方を変えると「日常的に思っていれば人は変わる」ってこと。

 

僕は以前東京に引っ越してきたばかりの時、「6畳の部屋があれば十分」と思っていた。でもその後9畳の部屋に引っ越してしばらくすると「6畳なんて狭くて無理……」と思った。そんでまた引っ越して6畳の部屋に住んでみたら、最初は狭く感じたけど、しばらくすると「6畳普通に住めるな」ってなる。

 

要は慣れですね。

 

「いやいやいや、例えるフィールドが違うだろ」と思っている、いて座のあなた!!

 

こういうしょーもないことと同列に考えるくらいが肩の力も抜けていい感じなんすよwwww俺かに座なんすよwwww

 

慣れ=その環境にどれくらいいるかってこと。慣れると、機械のようにその「思考」に行き着く回路が少しずつ作られます。

 

職場なんかでも、日常的に怒号が飛ぶ場所にいると、転職して普通に怒られても「え、こんなもん?」となる。ある意味「麻痺」ですね

 

だから、自分を変えるにはそういう人と近くにいることが一番だと思う。そもそも「自分を変えたい!」とか思わなくても変わっちゃうから。ただ、あくまで「慣れ」だから、段階を踏まずぶっ飛んだことを考えても自分が辛いだけだからね!

 

そういった日常の細かい積み重ねが増えていくことで、何事にも動じない「鋼メンタル」は作られていきます。

  

まとめ

  カズレーザー、とにかくすごい人です。権力とか、腕力とかじゃなくて、「人間力」がヤバイ

 

わりと豆腐メンタルだった僕をちくわメンタルくらいに昇華させてくれた彼の姿はこれからもずっとテレビで観てたいものです。ヘタなセミナーに行くよりずっと自己啓発になるよ 

 

関連記事↓

「いい人」をやめると生きるのがめっちゃ楽になる – にちプチ 【Nichi-Petit】

 

そんな話です。

 

エンド



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA