超厳選!初心者におすすめで安いクロスバイクを紹介するよ!

クロスバイク
スポンサーリンク

 クロスバイクを初めて購入する初心者がまずブチ当たる壁は「選択肢の多さ」です。

パッと写真や現物を見ただけでは区別のつかないようなものでも、実は別モデルの価格が全く違うものだったり。ほんま混乱する

そしてある程度お気に入りのメーカーを見つけたら今度は「価格」というこれまた悩ましい現実が襲ってきます。

わけもわからず上級者に質問すると、専門用語や入門車種への批判だけが印象に残り、結局どうすればいいのか分からずじまい……

 

そう、クロスバイク選びって意外と面倒なんです。

 

そこで今回は初心者がクロスバイクを買う上で気をつけたいこと、そして数多に存在するクロスバイクの中でも初心者におすすめする10万円以下の車種を4つに絞って紹介します。

 

スポンサーリンク

クロスバイク初心者は安価な入門用を買おう

クロスバイクはロードバイクの持つ「スピード」「軽快さ」とシティサイクルの持つ「走破性」の両方をうまく取り入れたハイブリッドな自転車で、通勤から街乗り、20~100km程度の移動ならクロスバイクだけでカバーできます。

 

クロスバイクとママチャリの違いを一言で言うと「総重量」

ママチャリが20kgほどであるのに対してクロスバイクは10kgそこそこで、約半分です。

クロスバイクがとても軽快に走れるのは、普通の自転車に比べて大幅に重量が削がれている点が大きな要因。

 

つまり、クロスバイクを選ぶ上でまず念頭に置きたいのは重量で、10kg~12kgほどであればクロスバイクの中でも無駄のない部類に入ります。これが一つ目のポイント

 

次は初心者なら誰もが気にする「価格」

クロスバイクは多様なモデルの中で20万円を超えるものも珍しくありません。

しかし、そういったモデルに手を出すのは「所有感」を満たしてくれる反面、初心者では性能を持て余してしまう上に、メンテナンス代、メンテナンス時間がとてもかかってしまいます。

その手間がネックで飽きてしまうリスクを考えると、やはり安価なものから手を出して、まずは「クロスバイクに乗ること」自体を楽しむことが一番。

反面、ノーブランドの安価すぎるものはフレームの剛性や部品の品質が著しく損なわれる場合が多いので、相場でいうと4~10万円の価格帯で探すのが賢い選び方です。

 

そして、最後に確認してほしいのは「メーカー」

今、街中でよく見かけるクロスバイクですが、メーカーのかぶりは一つの悩みどころだと思います。

しかし、他人とかぶらないメーカーを購入することは、その後のメンテナンス、カスタムにおいて大きな枷になりがち。

 

初心者でメンテナンス等の知識がない間は、有名メーカーのクロスバイクを購入し、いざ修理となっても部品の取り寄せなどで苦労しないようにした方が良いでしょう。

 

  • Point!
    1. なるべく軽い車種を選ぶ・・・軽快さを実感する最大のポイント!
    2. 10万円以下の車種を選ぶ・・・高級車種との差額はカスタム代などに!
    3. 有名メーカーの車種を選ぶ・・・乗ってる人が多いメーカー=トラブル時も安心!

 

初心者向けクロスバイク4選!

先述のポイントを踏まえた上で、初心者にオススメできる車種を4つに絞って紹介します。

 

GIANT CROSTAR

giant

画像出典:GIANT

クロスバイクでは定番の台湾メーカー・GIANT(ジャイアント)から超軽量のバイクが出た!

重量10kgを切ると値段が跳ね上がるというクロスバイク界の不文律を壊し、9.9kgという数値を実現。

CROSTARと同じ「軽さ」をコンセプトとしたESCAPE AIR(9.6kg)も有名だが、ESCAPE AIRのネックとなっていた価格を見事CROSTARは克服してくれました。

 

このCROSTARは軽さが売りなので、通勤や街乗りといった機敏な動きが求められるユーザーにはぴったりのクロスバイク。

 

Bianchi ROMA 4

イタリアの名門・Bianchi(ビアンキ)が贈るROMAシリーズ。

総重量は11.4kgと比較的重めな印象を受けるが、フレームは上位モデルと同等のため高い剛性を維持。

また、フレームにあしらわれたBianchiのコーポレートカラーであるチェレステ(イタリア語で「青い空」)がとても美しく、有名ブランド「Tiffany & Co(ティファニー)」のティファニーブルーにも似た高潔さと品格を感じることができます。

 

デザインにこだわりを持って乗りたいユーザーにはぜひ乗ってほしいクロスバイク。

 

 

LOUIS GARNEAU RSR 4

LOUIS GARNEAU RSR 4

画像出典:https://www.louisgarneausports.com

女性にも人気抜群のオシャレクロスバイクを送り出しているカナダのメーカー・LOUIS GARNEAU(ルイガノ)

Bianchiが「荘厳」とするなら、LOUIS GARNEAUは「エレガント」といった感じで、両者デザイン性の高いメーカーではありますが、手軽さという点ではLOUIS GARNEAUが一歩リード。

 

重量も11.0kgと、クロスバイクとしては及第点であり、僕も現在LOUIS GARNEAUシリーズの愛用者です。

 

GIOS MISTRAL

真っ青なペンキを連想する「ジオスブルー」が特徴的なイタリア・GIOS(ジオス)のクロスバイク。

GIOS MISTRALは10.8kgという無駄を省いた重量に細く美しいフレームで、ネットショップでは3~4万円台の車体を取り扱うショップもあり、コスパが最高です。

 

これまで紹介したどのクロスバイクよりもシンプルで武骨。

苦楽を共にするクロスバイクに余計なものはいらないと思うならば、GIOS MISTRALは一考の価値ありです。

 

スポンサーリンク

初心者はまず、クロスバイクを楽しめ!

今回は厳選したおすすめ車種を4台紹介しましたが、どのブランドも強みがあり魅力的な車種ばかり。

ここまで選択肢が絞れれば、あとはあなたがそのクロスバイクにまたがり走りだす姿を想像して、「ピン!」ときたものが最初の相棒です。

 

なんちゃって上級者の、陳腐なブランドイメージに惑わされず、まずはクロスバイクを思い切り楽しんでください!!

 

現場からは以上です。

 

エンド



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA