Vol.3 AviUtlを動かしてみよう【設定】

スポンサーリンク

↓前回↓

www.nichi-petit.com

前回の記事でほとんどAviUtlちゃんの大変な部分は完了してるはずだよね!

ここまで頑張った君はすごい! 最高だ! 褒めちぎる!

・・・さあ、茶番はここまでとして(迫真)

この勢いのままAviUtlちゃんを動かして、編集しやすい環境を作ろうぜ!!

AviUtlを起動してみよう!

晴れてパソコンにAviUtlを導入したわけだが・・・

初回の起動はアプリを【右クリック】→【管理者として実行】で開いてくれ。

すると、【ユーザーアカウント制御】というウィンドウが出るけど、それも【はい】を選んで大丈夫。

もしかしたら下記みたいな画面も出るかもしれない。

Windows Vista以降はこういうの出るからね!

心配しないでね! 次で説明するから!

出てない人? この項目は飛ばしてくれ!!

警告はパソコンが「お前知らんソフトやな! ホンマに実行してええんか!?」と疑ってるってことです。

慌てずに、下図のように

・AviUtlを起動

・【このファイルを開く前に常に警告する(W)】のチェックを外す

・【実行(R)】ボタンを押す

これで次回以降は起動してもこの警告は表示されないよ! 良かった!

このタイミングで「aviutl.exe」のショートカットをデスクトップに作っておくといいかも。

起動したらやること

さあ、これで起動して編集画面が出てきた・・・と思ったら。

????

窓が一つだけ・・・何をどうすればいいやら。

さあここからが本番だ!

【ファイル】→【環境設定】→【入力プラグインの優先度の設定】をクリック。

【図1】

そうするとこんな画面が開くはずだ。 【図2】

うわぁ・・・ワケわかんない言葉が多くて不安だよねぇ。
でもその中でさっきダウンロードした『L-SMASH』と『DirectShow File Reader』という名前がついた文字が!!

『DirectShow File Reader』を選択して・・・【下に移動】を押して下に動かしていく。『DirectShow File Reader』一番下に、『L-SMASH Works File Reader』をその上に持っていく!【図3】

ここで何をしたかと言うと、もともとAviUtlちゃんの中に入ってるプログラムを動かす順番を変えたんだ。(上から実行される)

この順番を間違えると上手く動かなくなることがよくあるから注意な!

ちゃんと頭の整理はしとかないとダメっちゅうことや。

ほんで・・・

【図4】と同じ順番になったら【OK】を押して設定完了!

【ファイル】→【環境設定】→【システムの設定】をクリック【図5】

するとシステムの設定画面が立ち上がる。

設定方法は詳しくなったらもっといじる部分はあるけど、初心者なら以下の設定に合わせてくれれば大丈夫だ!【図5】

「リサイズ設定の解像度リスト」の部分は記述が面倒だと思うから、一度全部消してしまってから以下からコピーして貼り付けてくれ。

↓これをコピーして貼り付ける↓

1920×1080,1280×720,640×480,352×240,320×240

すべて終わったら【OK】ボタンを押す。

 【設定】→【拡張編集の設定】をクリック【図6】

すると「拡張編集」新しいウィンドウが出てくる【図7・下】

AviUtlでの動画編集の基本はこの二つのウィンドウが中心になって行われる。

  • メインウィンドウ:再生する動画や画像や音声が再生される。
  • タイムライン:再生する動画や画像や音声が時間軸として表示される

細かな編集となるとどちらのウィンドウも、もっともっと色々な役割を持つようになるけど、とりあえずはこんな理解でOK!

これだけの知識でも簡単な動画なら作れるゾ☆

今度からこの「拡張編集」のウィンドウは「タイムライン」と呼ぶから覚えとけ!!

早速タイムラインの上で【右クリック】→【新規プロジェクトの作成】をクリック。

【図10】のような画面が現れるので何もいじらず【OK】を押す!

するとメインウィンドウが真っ黒になる! ビビる!!

とりあえず気にせず【ファイル】→【プラグイン出力】→【拡張x264出力(GUI)Ex】をクリック!【図11】

保存画面が立ち上がるが、今回は保存はせず、【ビデオ圧縮】ボタンを押してくれ!【図12】

するとまた新しい画面が立ち上がるので、赤印で囲まれてる3箇所が空欄になってないか確認してくれ!!【図13】

空欄がなければ【OK】ボタンを押して画面を閉じる。

※もし空欄になってたら前回(Vol.2)の項目の「高画質の動画が作れる準備をしよう!」の部分が上手く処理されなかった可能性が高い。その時はもう一回前回の手順を確認してみてくれ。

【図12】の画面も右上の【×】で閉じる。

AviUtlちゃんのメインウィンドウも右上の【×】で閉じる。(タイムラインも自動で閉じる)

直後に【図14】のようなメッセージが表示されるが【OK】を押して大丈夫!

次からは、【管理者として実行】で起動しなくて大丈夫だからな!

これでAviUtlのアプリ上の設定も完了だ!!

もう今からすぐにでも動画の編集ができるようになったぞ!!

もうアレだなぁ! 一人前のクリエイター2軍ベンチくらいだなぁ!!

次回はついに簡単な映像の編集のレッスンだ!!



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA