Vol.1 パソコンにAviUtlを導入しよう【超初心者向け】



スポンサーリンク

これが映像編集最初のステップだ!

映像編集というのは、一朝一夕でどうにかなる技術じゃないけど、ここでしっかりと学んでいけば絶対良い映像が作れるようになるはずだ!!

おし、気合い入れろ!!

1.このソフトについて

動画編集ソフトである『AviUtl』だが、これは「KENくん」という個人が開発した。

呼び名:そのまま『エーブイアイ・ユーティーエル』か『エーブイアイ・ユーティル』など。僕の知り合いは『アヴィティル』とか言ってた。人それぞれ。

このサイトで初心者のうちは愛情をこめて時々『AviUtlちゃん』と呼ぶことがある!

動作環境:WindowsXP、Windows7、Windows8(8.1)、Windows10で動作確認されている模様。

それより古いパソコンでも動くと思うけど、たぶん性能が足りなくてうまく動かないと思うから割愛!

古いパソコンしかない人はそろそろ買い換えなさい!

このソフトはとにかくスゲェ。これがあれば基本有料のソフトはいらない。

そらハリウッド映画のような映像作りたいとか言うなら別だけど・・・

そんな有料ソフトを扱う際にも、このソフトで身に付けた技術は役に立つと思う。

現にAdobeのPremiereを使ってる僕が言うんだから間違いない!

さあ、旅立とうか・・・

2.AviUtlをダウンロードしよう!

さあ、前置きをウダウダやったところで早速ソフトをダウンロードしよう!

まずは、下のサイトにアクセスだ!(開発者サイト)

AviUtlのお部屋 

①トップページを少し下に行くと「★ ダウンロード ★」という項目がある。

そこで下図の2つのファイルをダウンロードしてね!(最新バージョン)

とりあえず初心者は過去のバージョンは無視だ!!

②ダウンロードした二つのフォルダを解凍したら、「exedit92」というフォルダの中身を「aviutl100」にすべて移動する。

ファイルが一つにまとまってスッキリ☆

とりあえず準備はこんなもんでOK。

このフォルダ自体がプログラムの核になるので、これをコピーして他のパソコンに入れても同じように使えるよ! やったね!

え? 空になった「exedit92」はどうするかって? 捨てろ(真顔)

3.AviUtlのフォルダの置き場所

大体のインストールしたソフトはCドライブの「Program Files」というフォルダに格納される。他にも「ドキュメント」や「Windows」なんていうフォルダはあるけど、それらは使わない方がいい。

簡単に言うとそいつらはWindowsの特にセキュリティがしっかりしてるフォルダなんで、「なんやお前、知らんソフトやな!」とAviutl本体やそれが作るファイルを実行させなかったり誤作動させたりする場合がある。(特にフリーソフト)

じゃあどうするか・・・?

Cドライブ直下に格納しちゃいなYO☆

ってことでCドライブに格納。C直下に置くことに抵抗がある人は「App」とか「Free Soft」とかのフォルダを作ってその中に格納すればええんちゃう?(ハナホジー

Dドライブでもいいけど、とくにデメリットも感じていない僕はC直下に置くよ!

他にフォルダを置く予定もないし。男は黙ってC直下!

バカっぽい・・・

「ここに置いたせいで他のソフトが動かなくなったよ!!」って人は前述のように別の場所に置いてみてね。そんな話聞いたことないから大丈夫だと思うけど・・・

これで導入作業は完了。お疲れサマンサ!

↓次のステップ↓

www.nichi-petit.com



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA