熊本のおっさんが桃太郎を読んでみた

スポンサーリンク

プロローグ

スポンサーリンク

むかーしむかしんこつだった。

あるとこんにじーさんとばーさんがおらした。

ある日、じーさんな山さん芝刈りに、ばーさんな川さん洗濯じぎゃ出かけた。

そすっと川ん上ん方から、ふと~~か桃ん流れちきた。

ばーさんなえらい喜んじそん桃ば拾い上げち家さん持ち帰った。

そん後じーさんが帰ってこらしたら二人でそん桃ば切っちか食おうてさした。

ほんなら桃ん中から「じーちゃん、ばーちゃんちょっと待ちなっせ」て声んして自然と桃ん割れて、そん中からこま~~か男ん子が飛び出しちきた。

二人な子どもんおらんけんが、そん男ん子ば桃から出てこらしたけん「桃太郎」て呼ばした。

そがんしたとこっが、桃太郎がふとなったとき、村んとこな鬼がまうごつ出てみんなば困らせとった。

そすっと桃太郎が「じーちゃん、ばーちゃん、俺(おん)な鬼ばくらしてくっばい。」てゆーた。

村ば出て行かす桃太郎にばーさんなきび団子ばやった。

桃太郎が鬼が島ん方さん歩いて行きよっと、犬やつが1匹目ん前に出ちきた。

「桃太郎さん、腰さんつけとるきび団子ば一つくれんね」

「よかばい。ばってん鬼ばくらしに一緒ん来てくるっとならたいね。」

「鬼ばくらす? 行くたい行くたい。」

「ならやっ。」

そすとしゃがな今度は猿やつが目ん前ばさろきよった。

「桃太郎さん、腰さんつけとるきび団子ば一つくれんね」

「よかばい。鬼ばくらしに行くど?」

「行くばい」

しゃーん言いよったら今度はキジやつが上ん方から飛んじきた。

「桃太郎さん、腰さんつけとるきび団子ば一つくれんね」

「よかばい。鬼ばくらすとだけんな?」

「よかよか。いこばい。」

桃太郎な犬、猿、キジてみなーづれして鬼が島さん行かした。

まずキジやつが空ん方から鬼ん城さん入ってから、かんぬきばとらした。

扉ん開いた城ん中さん桃太郎と犬と猿がびゃんびゃん入らした。

鬼ん方もひゃーたれじゃなかけん、ふとーか金棒ばびゃんびゃん振り回してから桃太郎やつばくらし返そうてしてきた。

ばってん4人も頑張らす。

犬やつが鬼ば噛ます。

猿やつが鬼ばひっかかす。

キジやつが鬼ばつつかす。

そがんしたとこに桃太郎が剣ばびゃんびゃんやってから、とうとう鬼の大将ば降参させらした。

鬼やつは村ん人達から盗った宝もんば全部桃太郎さんやった。

「もう乱暴ばすっとでけんぞ」

桃太郎が鬼やつにゆーたけん、鬼やつももう何もしきらんかった。

桃太郎たちな貰わした宝ば車さん積んでから村さん持って帰ってから、みんなでなかよー分けて幸せに暮らさした。

めでたしめでたし。

まとめ

熊本のおっさんがもし桃太郎を読んだら・・・というお話。

若干話し言葉と書き言葉が混じってて、熊本県内でも地域性が出た言葉の使い方をしてますね。

それより字にすると熊本弁ってとっても気持ち悪いわ!



スポンサーリンク



スポンサーリンク

関連記事



この記事が面白かったらシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA